巨人|背番号変更2019!新入団選手&既存選手のシャッフルまとめ

東京ドーム 
スポンサーリンク




Pocket

巨人の選手の背番号が次々と変更になっています。

 

背番号の変更は、毎シーズンオフに少なからず行われてはいるのですが、

2018シーズンのオフは、例年にも増して特に活発な印象を受けます。

 

この記事では、在籍中の選手の背番号変更と、新入団選手の背番号についてまとめていきたいと思います。

 

なお、新たな情報が出るたびに更新していきますので、随時ご確認いただければ幸いです(._.)

スポンサーリンク

2019年背番号が変更となる選手一覧

 

発表済の背番号変更について注釈つきで紹介していこうと思います。

 

アレックス・ゲレーロ #5→#44

 

2017シーズンセ・リーグホームラン王のタイトルを引っさげ、鳴り物入りで入団したアレックス・ゲレーロ。

2年8億(推定)にものぼる大型契約だったことが記憶に新しいと思います。

 

筆者としては、入団前から不安要素の方が多いなという印象だったのですが、悪い予感は的中。

 

  • 研究されてしまった(インハイが打てないなど)
  • 長い間の2軍調整(首脳陣との関係悪化?)

 

真偽のほどは定かではありませんが、結果的に期待した成績を大きく下回ったのは事実でしょう。

たったの1年でまさかの背番号変更と相成りました。

 

外国人野手(クリスチャン・ビヤヌエバ)も新たに獲得が決まっていますし、来シーズンは厳しい状況からのスタートということになりそうです。

状況よっては贅沢な保険選手としてずっと2軍なんてこともあるかもしれません。

 

そんなゲレーロが来季から背負う背番号は44番です。

退団となったアルキメデス・カミネロのつけていた番号での再出発となります。

 

※#5は新入団の中島裕之が背負うことになりました。

 

原監督のお気に入りとはいえ、37歳の新加入に背番号を奪われたという事実。

果たして2019年のゲレーロに活躍の場は与えられるのでしょうか。

 

巨人ゲレーロの適正打順は?2019シーズンも在籍濃厚のため考えた

吉川大機 #68→#00

 

内野の貴重なバックアッパーで、代走や守備固めとして存在感を示している吉川大機。

長年同じ役割を担ってきた寺内崇幸の00番を引き継ぐことが決まりました。

 

先のファン感謝デーでは色々な意味で大活躍だったようです(笑)

引き続きいぶし銀の働きに期待!

 

なお、もう一人の吉川こと吉川尚輝は背番号0

より一層紛らわしくなったと思うのは私だけでしょうか(^^;

 

【吉川尚輝】華やかで広い守備範囲!巨人のセカンドを埋めるイケメン!

菅野智之 #19→#18

 

栄光の背番号18を引き継ぐことが決まった菅野智之。

2年連続沢村賞を受賞するなど、すっかりNPB最強投手にまで成長しました。

名実ともに日本のエースとなった彼によって、巨人の背番号18はより一層輝きを増すことでしょう。

 

巨人軍背番号18菅野智之誕生!変わることと変わらないこと

 

股関節と肩の怪我に泣き、引退を余儀なくされた稀代の名左腕杉内俊哉。

彼の分まで巨人を引っ張る投球をみせてくれることを期待したいです!

 

巨人|杉内俊哉現役引退!素晴らしい投球と感動をありがとう!

畠世周 #28→#31

 

31番は水野雄仁1軍投手コーチが現役時代に背負った番号ですし、期待の表れなのだと思います。

ただ正直、31番は同じくファームのコーチを務める松本哲也が背負っていたイメージの方が強いかな(^^;

 

水野コーチのように後ろで投げても面白い投手だと思うので、場合によってはセットアッパーで育ててもいいんじゃないかなと思っています。

来シーズンこそはシーズンを通しての1軍での活躍を期待したいです。

 

宇佐見真吾 #27→#32

 

古田敦也さん(巨人ではないが)が背負った番号として、確かな地位を築いている27番。

そんな27番から僅か1年での変更を余儀なくされた宇佐見慎吾。

 

期待された打撃も伸び悩み、かなり崖っぷちの立場なのではないでしょうか。

32番への変更も、FAで加入が決まった炭谷銀仁朗に27番を渡すためというのが理由でしょう。

 

心機一転活躍を期待したいところですが、プロテクト漏れやトレードなどで他球団に移籍する可能性もあるように思います。

 

田中俊太 #63→#51

 

筆者がイチオシの若手野手、田中俊太。

今シーズンはルーキーながら99試合に出場、安定して1軍の戦力になれるポテンシャルをみせてくれたと思います。

吉川尚輝と切磋琢磨して、将来は2人で二遊間を担えるかも?

 

巨人の51番というと、思い浮かぶのはイチロー選手ではなくて、圧倒的に古城のしげちゃん(古城茂幸)ですね(^^;

古城のように長く1軍を支える選手になってもらいたいという期待の表れなのでしょうか。

筆者としてはお兄さん(田中広輔)のようなリードオフマンも夢じゃないと思うのですが・・・

 

ビヤヌエバ中島裕之の加入が、間接的ながら出場機会を奪いそうなのがやや懸念材料ですかね(-_-;)

 

桜井俊貴 #36→#35

 

1つ変わるだけですが、引退した西村健太朗の番号です。

いい番号もらったなという印象。

 

巨人|西村健太朗引退!過小評価された連覇の立役者がユニホームを脱ぐ

 

ルーキーイヤーの21番から36番に変えられての2年間。

さしたる活躍もみせていないのにも関わらずです。

 

新監督に代わって、少しは期待値が上がったということなのでしょうか。

ドラフト1位の大卒なのですから、厳しいでしょうけどもう少し奮起してもらいたいものです。

 

石川慎吾 #49→#36

 

桜井に代わって36番を背負うのは石川慎吾になるようです。

2018年はファームでは活躍したものの不本意なシーズンとなった石川慎吾。

ファームでは2冠を獲得するほど大暴れしたものの1軍ではほとんど出番がなかった。

首位打者(.336)と最高出塁率(.412)

単純に前の首脳陣と合わなかただけとも考えられるため、来シーズンは大いに期待できるように思います。

 

テイラー・ヤングマン #39→#49

 

石川のつけていた49番はヤングマンへと渡るようです。

てっきり95番と重い番号を背負っていたクリストファー・メルセデスにいくものと思っていたんですけどね(^^;

 

タイプも似ていて、マイコラスのつけていた39番が似合っていただけにちょっと?な変更のように思います。

 

田口麗斗 #90→28

 

28番は畠投手から田口麗斗へと変更になりました。

確かに28番は左投手の方が似合うかもしれませんね。

 

変わるとすれば、山口鉄也が引退して空いた47番かと思ったのですが、ことらもハズレてしまいました(^^;

田口としては、心機一転巻き返しを図りたいところでしょう。

 

巨人山口鉄也引退!最強セットアッパーの登板はエンドロールの始まりだった

 吉川光夫 #21→47

 

岩隈久志の入団により21番を空け渡す意味合いと、山口鉄也と同じ役割を担ってもらいたいという期待の表れでしょう。

楽な場面を抑えるのとではかかるプレッシャーも全く異なってきます。

ブルペンにおける左の柱になれるのか?

ツボにはまりさえすれば、意外なキーマンになれるかもしれません。

 

その他、続報が出次第追記していきます!

 

2019年(2018オフ入団)新入団選手の背番号一覧

 

中島裕之 #5

 

オリックスを自由契約となり入団。

原監督が絶大な信頼を寄せる2009WBC優勝メンバーの1人。

 

筆者も原監督と同じで幻想を抱いてしまう選手ではあります。

開幕1軍が確約されているとの報道もあり、監督の期待値はファンが思っているよりずっと高いものと思われます。

不安もあるとは思いますが、入団が決まったからには期待しましょう!

 

丸佳浩 #8

 

2018年オフ、FA権を行使して広島東洋カープより入団。

本当に入団するのかずっと半信半疑でしたが、11月30日、正式に入団することが発表されました。

 

センターのレギュラーとして起用されることはほぼ確実でしょう。

第2の小笠原道大になれるのか?

2019年シーズンのキーマンになること間違いなし!

 

炭谷銀仁朗 #27

 

2018年オフ、FA権を行使して西武ライオンズより入団。

小林誠司が正捕手では厳しいのは事実ですが、かといって炭谷を獲って解決になるのかは甚だ疑問ではありますね(^^;

 

来季の巨人が強くなるために必要だと思うこと!正捕手小林誠司の限界

 

中島同様獲得が決まってしまった以上は活躍を期待したいと思います。

巨人はなぜ炭谷銀仁朗のFA獲得を狙うのか?いらないという声多数!

クリスチャン・ビヤヌエバ #33

 

惜しまれながら退団となったマギーの後釜として入団した選手。

岡本和真が主にサードを守るようなので、当面はファーストが定位置になりそうです。

 

打率が低いのは気になるところですが、まだ若く、本来なら日本に来ないだろうと思われていた選手のようです。

 

日本の野球や生活に合えば大活躍してくれるかもしれません。

彼は、2019シーズンの見所の1つと言えると思います。

 

岩隈久志 #21

 

米シアトルマリナーズを退団し入団

過去2年間は故障に泣きほとんど投げれていないのが気がかりなところ。

37歳と高齢なこともあり、過剰な期待は禁物でしょう。

  • 往年の投球にどれだけ近づけるのか
  • どのよううな投球フォームでアジャストしてくるのか

 

注目です。

 

ライアン・クック #24

 

シアトルマリナーズから加入。

期待の抑え投手候補です。

実績がある投手のようですが、岩隈と一緒で故障歴があるのが気になるところです。

 

マシソンが故障明けとなる来季、彼がどれくらい活躍するのかは勝敗を大きく左右するように思います。

 

そして、背番号はまさかの24番。

たかが背番号と言われればそれまでですが、中畑清氏→高橋由伸と生え抜き人気選手が長年背負った番号。

立岡選手が変更したことにより空いた58番でも良かったのではなかと思ってしまいます。

 

高橋優貴 #12

 

2018オフ、期待のドラフト1位左腕。

貴重な速球派左腕なので、短い回でも1軍の戦力になってくれたらありがたいですね。

最低限、中川や池田よりも戦力になってくれることを期待。

 

巨人|高橋優貴は貴重な左の本格派!ドラ1パワー投手に期待したい役割

 

増田陸 #61

 

2018オフ、ドラフトで2位指名を受け入団。

高校生遊撃手として期待の逸材の1人でした。

 

数年後、同級生の小園や根尾を上回ることができるのか?

まずはファームでの活躍に期待です。

 

61番は今季まで中井大介が背負っていた番号で、坂本勇人が入団当時につけていた番号61番でもあります。

 

巨人|増田陸を2位指名!根尾と小園を数年後伸びしろで上回るか?

 

直江大輔 #54

 

2018年ドラフト3位入団の右腕。

54番と言うと、若かりし頃の槙原寛己氏が思い浮かびます。

最近だとルーキーイヤーは活躍した高木勇人(現埼玉西武ライオンズ)が記憶に新しい番号です。

 

横川凱 #62

 

2018年オフ、ドラフト4位入団の変則左腕。

今シーズンをもって退団した篠原慎平がつけていた番号でもあります。

是非とも横川色に染めあげていって欲しいものです!

 

松井義弥 #65

 

2018年オフ、ドラフト5位入団の外野手。

打撃にスケールを感じる未来の大砲候補の1人になります。

 

松井秀喜さんの55は同じ松井でも流石に重すぎますね。

同じく退団した辻東倫の背負っていた番号です。

 

戸郷翔征 #68

 

2018年オフ、ドラフト6位入団の右腕。

高い奪三振率が魅力の投手です。

将来、先輩の田原誠次投手のように貴重な中継ぎに育ってくれるかもしれません。

 

2位以下は全て高卒での入団ですので、2019年の1軍戦力としては期待できないように思います。

大事に育てて欲しいものです。

 

2019シーズンに向けて|巨人の選手の背番号変更が多い理由を考察してみた!

巨人|背番号変更2019!新入団選手&既存選手のシャッフルまとめ

 

『背番号』

プロスポーツ選手にとってのそれは、まさに代名詞といっても過言ではないでしょう。

背番号が変更となった選手たちは、新たに身にまとった番号を自分のものとして育んでいけるのか?

注目してみていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど