巨人軍背番号18菅野智之誕生!変わることと変わらないこと

杉内俊哉 
スポンサーリンク




Pocket

名実共に日本球界のエースとなった菅野智之投手。

 

今の彼なら文句なし!

巨人軍栄光のエースナンバーは、彼にこそピッタリのものでしょう。

スポンサーリンク

2年連続の沢村賞受賞、名実ともに球界No.1エースに成長!

 

巨人の18番を次に背負うのは?菅野智之が継承する可能性を考察!

上記記事でも考察したのですが、菅野智之投手が18番を継承する運びとなったようです!

 

現在の菅野智之投手は、他のどの球団のエースと比較しても頭2つは抜けていると思います。

今の彼ならば、10年前のパリーグの大エースたちと比較しても勝るとも劣らない。

 

18番の前任者、杉内俊哉投手の大ファンである私からみても、彼の全盛期より上かもしれないとまで思う程になりました。

最早比較対象として適切なのは、現役だと田中将大投手か前田健太投手くらいでしょう。

 

そんなスーパーエースとも呼べる領域へ

菅野智之は到達したと言えるのではないでしょうか。

 

18番菅野智之誕生で変わること

桑田真澄以来13年ぶり!巨人に生え抜きの18番が誕生

 

前任者の杉内俊哉さんはFAで巨人に加入していますので、生え抜き18番はその前の桑田真澄さん以来13年ぶりとなります。

 

しかし今に思うと、高卒で即巨人の18番を背負った桑田さんってホントに凄かったのですね。

まだプロでの実績がないのにも関わらず、いきなり巨人の18番を継承したのですから

 

流石は心の野球(^^)

 

入団以来すっかり定着した『19番菅野智之』との別れ

 

私的には上原浩治投手から継承した19番も十分エースナンバーだったと思うのですが・・・

とても似合っていたし、19番の菅野がみれないのは少し寂しいかも(^^;

 

勝手なことを言えば、菅野投手は18番よりも11番の方がより似合うのではないかとさえ思ってしまいます。

安定感抜群のその投球は斎藤雅樹さんに通ずるものがあるからです。

 

とはいえ、杉内投手が引退してしまった今、チーム内に18番に相応しい投手は菅野をおいて他にはおりません。

期待のルーキに背負わせようにも、そんなスケールの大物が入団するのは何年先になるかもわかりません。

もしすぐに現れたとしても、菅野を差し置いての18番継承となれば、プレッシャーは計り知れないものとなってしまうでしょう。

 

そう考えれば、このタイミングでの18番継承は、ある意味必然だったのかもしれませんね。

 

今回18番を背負うことになった菅野智之投手に関しては、前任者の杉内投手引退と、2年連続沢村賞受賞が重なったことが決め手かと思います。

巨人|杉内俊哉現役引退!素晴らしい投球と感動をありがとう!

巨人|菅野智之シーズン8完封!投手タイトル総なめも夢じゃない

 

更に言えば原辰徳氏が監督に復帰したことも大きいのかもしれません。

 

菅野智之グッズの買い替え需要

 

これは選手というよりも我々ファンサイドの話ですね(笑)

多くの菅野智之ファンが、背番号18の菅野グッズを買い求めることでしょう。

栄光の18番ですし、飛ぶように売れるかもしれません。

グッズ販売的にみても球団としては美味しいのではないでしょうか?

 

ちなみに私は次のマイヒーロが現れるまで、18番杉内俊哉と47番山口鉄也を着続けることになると思います(^^;

引退した選手のレプリカユニホームでの観戦はありかなしか?

 

配布されたユニホームも数枚持っていますし、その分いい席で観戦を楽しみたいと思います(^.^)

 

将来のメジャー移籍の障害に?

 

菅野智之投手にメジャー挑戦願望があるのは周知の事実かと思います。

 

  • 元チームメイトのマイコラス投手がメジャーリーグで最多勝を獲得
  • 侍ジャパンでの経験から得た手ごたえ
  • 国内で敵なしの状況

 

こうした事実は、彼のメジャー挑戦願望をより一層強めてもおかしくないように思います。

 

さて、今回の18番継承ですが、

海外FA権を取得したとき、彼がメジャーを目指す際の1つの障害になる可能性はあるように思います。

 

直接的ではないにせよ、巨人の18番を継承したという事実は、少なからず無言の圧力となってしまうのではないでしょうか。

言わば足かせというやつですね。

 

逆に言えばチームの思惑は実はそこにあって、菅野投手に18番を促したとも考えられます。

邪推の域は出ませんが、監督は叔父の原辰徳氏ですし、あり得ない話でもないように思います。

 

もっとも、時代が変わってきている今、海外FA権さえ得てしまえば強行突破という手もあるにはあると思います。

今後菅野投手には長めの複数年規約が打診されることでしょう。

この辺りはメジャーに挑戦したい菅野投手とエースとして残したい球団との凌ぎあいになることでしょう。

 

18番菅野智之誕生で変わらないこと

 

菅野智之投手の素晴らしい投球内容

 

背番号が変わっても、菅野智之投手の素晴らしい投球内容にはなんら変わりはないように思います。

 

2018シーズンも、開幕して2試合散々だったところから見事に修正。

質が高いだけではなく、対応力の高さまで兼ね揃えていることを見せつけました。

 

最初の2試合をみたときには今年1年はダメかなって思いましたもの(^^;

シンカーを封印して、軌道修正したときには本当に驚きました。

あの時点でシーズンが終わったときに、沢村賞選考基準を全て満たせると思った人など皆無なんじゃないかなと思います。

 

そんな菅野投手なら、栄光の背番号18とはいえプレッシャーに潰れるなどということは考えにくいでしょう。

 

むしろ気になるとすれば、6シーズンローテの中心で投げ続け、今シーズンは200イニングを投げたことに対する勤続疲労ですかね。

怪我だけには十分注意してもらいたいところです。

 

巨人軍背番号18菅野智之誕生!変わることと変わらないこと おわりに

 

凄い投手になったものだな。

菅野智之投手に対する率直な感想です。

 

正直、最初は親戚びいきみたいで彼を好きではありませんでした。

入団して3年目くらいまでは、そんな穿った目で彼をみていたように思います。

 

私にとって菅野智之投手は、嫌い→どうでもいい→普通→意外といい選手じゃん→むしろ好きかも と少しづつ株が上がっていった不思議な投手です。

 

今回の背番号18の継承にしても、原辰徳の甥だからという理由を上げる人は最早どこにもいないのではないでしょうか。

もうすでに、選手としての格で原辰徳を大きく上回っているように思うのです。

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど