侍ジャパン観戦記!プレミア12WBSC2019編

#WBSC2019
スポンサーリンク




Pocket

2019年11月16日(土)

プレミア12スーパーラウンドの最終戦、韓国×日本の試合を現地観戦してきました。

 

決勝進出がかかった重要なゲームになるとにらんでいたこの試合。

まさかまさかの消化試合になろうとは(^^;・・・

 

・・・

 

なにはともあれ、日韓戦はこれまで毎回熱い激闘が繰り広げられてきた歴史があります。

楽しみなことに変わりなし!

 

張り切って意気揚々と応援してまいりました(^^)

スポンサーリンク

東京ドームへと向かう!

 

連れの都合もあって18時過ぎにドームに到着するよう家を出ました。(プレイボールは19時~)

人ごみの中を歩くため歩きやすさ重視で靴をチョイス♪

実はこの靴、昨年日米野球で勝利した日にも履いていた縁起物でもあるのです(笑)

日米野球2018|東京ドームで侍ジャパンを現地観戦してきました!

⇒ エア リバデルチのサイズ感と履き心地を紹介【ユーザーレビュー】ナイキACG

 

3塁側バルコニー席へ到着!

 

1年ぶりのプレミアムラウンジは快適のひとこと(^^♪

ゆったりと試合の開始を待つことに・・・

 

東京ドームプレミアムラウンジを利用した感想!指定席との違いとは?

 

土曜というだけあって、私が到着した18時40分ころには席がほとんど埋まっていました。

野球人気は健在といったところでしょう。

岸孝之ー相澤翼のバッテリー、3番中堅丸佳浩!

 

昨年日米野球を観戦した試合も先発は岸投手でした。

球威はやや落ちてきてはいるものの、制球力は球界随一!

プロ通算125勝の安定した投球を期待したいところです。

スターティングオーダーに目を向けると、3番中堅丸佳浩の名が

ランナーを返すことはもちろん、4番鈴木神誠也の前に出塁する働きが求められます。

 

躍動する広島東洋カープ!

 

今大会は主砲鈴木をはじめカープの選手たちの活躍が目立ちます。

来シーズン立て直してきそうでこわいけど、味方であるうちはこの上なく心強いCarp勢(^^)

侍ジャパン打線爆発!

 

3回裏に打線が爆発!

打者一巡の猛攻で一挙に4点をもぎ取ります!(^^)!

ずっとメガホンを叩き続ける怒涛の展開!

チャンステーマが鳴りやまぬ中着々と加点する侍ジャパン♪

 

韓国1-日本7

打者一巡の猛攻で一挙6点の大爆発(^^)/

このときはまさに狂喜乱舞

侍ジャパン最高って感じでした!

ベンチの選手を早めに起用する展開に・・・

決して余裕をみせているわけではないけど、決勝に備えて全員野球ができたのは大きいと思います。

 

打順二回り目、本領を発揮し始める韓国打線!

 

嫌な予感はあったのですが、ここから想像を絶する展開が待っていました。

4回、先発岸が打ち込まれ一挙5点を返されてしまいます。

もしこれが決勝なら5失点する前に間違いなく継投ですね。

 

それにしても、韓国の打者の打球がエグイのなんの(T_T)

まだ1点リードしているのに勝っている気がまるでしませんでした。

 

バッテリーごと交代も流れは悪く・・・

 

5回から大野ー甲斐にバッテリーが交代。

このころは、試合の流れが韓国に傾いていると感じました。

 

3塁ランナーのまずい走塁はあったものの、ここで抑えられたのが結果的に大きかったです(^^)

 

5回あたりから観ている方もグロッキーになり始める(^^;

 

前半の攻防でお腹いっぱい過ぎて5回くらいから変なテンションに(笑)

代表経験が豊富な山田哲人さんは頼りになります。

筒香、秋山、中田と長年代表を支えた選手がいない今、彼の存在はホントに大きい!

帰りの電車が心配になり始めたのもこのころから・・・

国際試合の開始時間もう少しなんとかなりませんかね(-_-;)

せめて18時半プレイボールだともう少し安心なんだけどなぁ ・・・

源田選手結婚おめでとうございます(^^)

美人な奥様で羨ましい限りです!

このあたりからツイートも変になってきてますね(-_-;)・・・

 

丸が大当り!再び3点差に!

 

このタイムリーで勝ちを大きく引き寄せました(^^)

秋山の代役は荷が重い中、追加召集の丸選手が調子を上げてきているのは大きい!

再びチャンステーマエンドレスに♪

リードを3点にまで広げました(^^)

 

でもまだ油断はできない・・・

それくらい韓国の打線には脅威を感じました。

韓国は二遊間を中心に守備もかたい好チームでした。

嫌いだけれど巧いものは巧いので素直に賞賛しておきます。

 

国際試合での回跨ぎはダメ絶対!

 

私の持論ではどんなに良くても中継ぎは基本1イニング

回跨ぎは良い方向にいかないという認識を持っています。

1イニングは完璧だった山岡投手が2イニングス目でつかまりまた1点差に(T_T)

韓国打線相手にセーフティーリードは無いのかよ・・・

痺れる展開の連続に観ているこちらまで体力が奪われます。

侍ジャパン今大会初の二桁得点!

 

宿敵韓国からというのが実に格別です(^^)

ただ、翌日の対戦には不安が残る・・・

22時半でこれから8回という衝撃!

 

遠方の方(私も近くはないですが(^^;)はこのあたりまでが限界。

ちらほら帰路に着く方も増え始めました。

なお試合は以前予断を許さない展開(^^;

大竹寛投手を評価しているからこそ驚いた代表選出

 

通算100勝投手かつ二桁勝利を何度もあげてきた大竹投手。

持ち前の制球力を生かし今シーズン中継ぎで見事復活を遂げました。

 

しかしまさか代表にまで召集されようとは・・・

先発時代の全盛期ですら1度強化試合で投げただけなのに・・・(記憶が正しければ)

辞退者が出たりとか、色々な兼ね合いはあったのでしょうけど流石に驚きました。

流れを持ってくるような素晴らしい投球!

大竹投手に脱帽です(..)

 

22時をまわり鳴り物応援ができなくなる

 

現地観戦に行かれる方はご存知だと思いますが、22時を過ぎると応援団の演奏が楽器抜きになります。

深夜帯になるため、近隣の方に配慮しているわけですね。

アカペラのちょっと揃わない応援も現地の醍醐味の1つであります(^^)

 

勝利!3時間39分の激闘を制す!

#WBSC2019 #WBSC2019

最後は守護神山崎康晃が〆て見事勝利!

韓国8-日本10

両軍あわせて26安打という殴りあいをなんとか制しました(^^;

侍ジャパン世界一おめでとう!そして感動をありがとう(._.)

#東京ドーム夜景

記事を書くのが遅い関係で、この記事を上げる前に日本の世界一が決まりました(^^;

観戦記とは関係ないけどめでたいので言いたいことまとめました。

以上、世界一の興奮冷めやらぬくういちでした(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど