エア リバデルチのサイズ感と履き心地を紹介【ユーザーレビュー】ナイキACG

AIRREVADERCHI画像
スポンサーリンク




Pocket

どうも!スニーカー大好き、ピーク時150足以上のスニーカーを所有していたくういちと申します。

 

今回はナイキACGの名作、エア リバデルチについてサイズ感や履き心地、そしてその魅力を紹介していきたいと思います。

購入を考えているあなたの一助となれれば幸いです(._.)

スポンサーリンク

筆者の足データ(裸足で計測)

 

足形:ギリシャ型

足長:25.5㎝

足囲:23.5㎝

足幅:C~D やや細めよりの普通

 

両足とも人さし趾が最も長いギリシャ型

靴下の厚みは薄いものでも+1.5㎜はあるため、その分を考慮してサイズを選ぶこととなります。

ちなみにナイキだとUS9(27.0㎝)がベストサイズなことが多いです。

AIR REVADERCHIのサイズ感はナイキのランニング系よりゆとりアリ!

ナイキACG エアリバデルチ 着用画像

エア リバデルチのサイズ感は、エアマックス系に比べるとやや大きめ。

足幅の作りもナイキにしては広く、シューズの先端にかけても急に窮屈になったりしません。

私の足ですと普段選ぶことの多いUS9(27.0㎝)でゆったりめに履ける感じです。

 

ハーフサイズ下げてUS8.5(26.5㎝)でも履けないことはないサイズ感でしたが、写真で指さしている2箇所がやや当たる感覚がありました。

ナイキACG エアリバデルチ 窮屈な場所

親指の付け根の辺りと、履き口のソックスのような部分のみややタイトに感じました。

(仮にランニング用ならばUS8.5がベストのようなフィット感ではあります。)

ナイキACG エアリバデルチ 窮屈なところ

店員さんのアドバイスによると、アウトドア系の靴はジャストフィットよりややゆとりがあるサイズを選ぶ方がいいとのこと。

 

イベントに出かけたりアウトドアを楽しむのに窮屈だと辛いですからね(^^;

 

従ってエア リバデルチを購入される際は、普段あなたが履いているナイキのサイズで大丈夫かと思います。

足幅が広めの方以外は、エアマックスのように普段のナイキからハーフサイズ上げる必要もないでしょう。

AIR REVADERCHI(エア リバデルチ) の履き心地は抜群にいい!

ナイキACG エアリバデルチ画像

率直に言ってナイキで随一の履き心地だと思います!

軽いですし、長時間履いても足が痛くなったりしません。

シューホールも内側と外側が選べて、外側を通せばより足が包まれているような感覚を得られます。

エアリバデルチソール画像

ラバー製のアウトソールはグリップ力が高いのが特徴。

タウンユースからアウトドアまであらゆる場面に対応します。

ハラチシステム画像

ハラチフィットシステム(シュータンがソックスのような一体型)は慣れると非常に快適に感じることでしょう。

上質なシンセティックレザーとメッシュからなるアッパーは見た目以上に軽くて柔らかいです。

 

履き口が狭いため着脱が面倒なくらいしか弱点が見当たりません。

 

AIR REVADERCHI(エア リバデルチ)の魅力

ナイキACG エアリバデルチ画像

ここからはエア リバデルチの魅力をお伝えしたいと思います。

 

アウトドアシューズとは思えない!?上品でオシャレな見た目

 

なんといっても見た目が最高!

アウトドアシューズといえば武骨なイメージですが、このリバデルチは都会的ですらあります。

一般的なアウトドアシューズとは一線を画すデザイン&カラーリングがとにかく素敵な1足なのです。

 

ナイキACGとハラチシステムの融合

 

ナイキのアウトドアラインであるACGにエア ハラチのダイナミックフィットが搭載された革新的モデルです。

まさにACG(オール コンディション ギア)を体現したシューズといえるでしょう。

 

頑丈、気兼ねなくガンガン履ける!

 

アウトドアシューズだけあって、ガンガン履いても簡単にはへこたれません。

防水スプレーをかけておけば汚れもつきにくく、掃除もしやすいです。

 

汎用性が高く様々な場面で使える

 

タウンユースからアウトドアまでオールインワンな優れもの。

街で履いても旅行で履いてもアウトドアで履いても馴染みます。

履くスニーカーに迷ったらこれを履いていけばいいレベルです(笑)

ドレスシューズ以外の用途ならどの場面で履いてもワンランク上のオシャレなシューズだと思います。

ナイキACG エアリバデルチインソール画像

インソールは鮮やかなイエローにAIR REVADERCHI の印字

ナイキACG エアリバデルチヒール画像

アウトソールのデザインが独特でオシャレ

ナイキACG エアリバデルチシューホール画像

よりフィット感を高める履き口周りの作り

ナイキACG エアリバデルチシンボルマーク画像

ちなみにリバデルチとはイタリア語の「ARRIVEDERCI」からきていて、『お先に失礼』といった意味合いがあるそう。

旧時代のアウトドアシューズに対してお先に失礼ということのようです。

名前の由来にもセンスを感じますね。

NIKE AIR REVADERCHI(ナイキ エア リバデルチ)総評

ナイキACG エアリバデルチ画像

【NIKE ACG AIR REVADERCHI  granite/black-red plum】

 

最後に独断と偏見でエア リバデルチを数値化してみたいと思います。

あくまでも主観ですのであしからず(._.)

 

履き心地の良さ       ★★★★★  5

 

デザイン          ★★★★★  5

 

コストパフォーマンス    ★★★★☆  4

 

汎用性           ★★★★☆  4

 

1足あればなんとかなる度  ★★★★★  5

 

個人的おすすめ度      ★★★☆☆  3

 

沢山履いた中でも特にお気に入りの1足なので高めの評価になりました。

流通量が少なく、割と高価なためおすすめ度は3で(^^;

 

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど