【キングダム】新6大将軍は誰になるのか予想してみた!

キングダム
スポンサーリンク




Pocket

週刊ヤングジャンプにて好評連載中の『キングダム』

 

作中にて今後選ばれるであろう新6大将軍が気になるところです。

そこで今回は、私くういちなりの視点で新6大将軍には誰が選ばれるのかを予想してみました。

スポンサーリンク

新6大将軍を予想する上で考慮したポイント

 

6大将軍を予想するにあたって以下の5点を考察の柱としました。

武功(強さ)

単体での強さ及び率いる軍の功績など

信頼関係

秦王政(嬴政)との信頼関係(忠誠心)

知名度

他国に脅威を与えるほどの知名度があるか

作中における扱われ方

作中での扱われ方及び、3ヵ月で一気に読んだ(1巻~56巻まで)うえでの印象を加味

史実

史実に沿った物語であるため

 

新6大将軍に間違いなく選ばれる将軍

1 .信 しん

 

本作の主人公で出陣するたびに相手将軍首を討ち取っています。

現在進行中の鄴攻めでは相次いで大物を打ち取っており、今後はますます他国にも名は知れ渡ることでしょう。

秦軍内においても信と飛信隊の存在感は増すばかりです。

秦王政との信頼関係もバッチリで、6大将軍のうちの 1 人に選ばれることは間違いないはず。

 

2 .王賁 おうほん

 

信の正統ライバルポジションで、史実での活躍は信をも上回っている王賁。

彼も新6大将軍入りが濃厚だと思われます。

鄴攻めの前には同世代の秦王政とも直接会話しており、今後大王への忠誠心(信頼関係)も上がるのではないでしょうか。

 

新6大将軍入りの可能性が高いと予想する将軍

3.蒙恬 もうてん

 

文官へ転身という線も捨てきれませんが、私はシンプルに6将入りすると予想しています。

昌平君が楚に担がれるのは物語の後半でしょうし、その時点で総司令官を務めるには年齢が若すぎると思うので・・・

戦略に富んだ大将軍として信や王賁と並ぶ存在であり続けると思います。

 

4.楊端和 ようたんわ

 

作中では、秦王政の命を助けること早2回。

政との信頼関係も信に次ぐ厚さでしょう。

本人の強さも軍の強さも申し分ありません。

ここまでのキャラのたたせかたからみても私は6将入りすると予想します。

 

統一国家秦国の一部として山界も含まれると考えれば、秦国の6将扱いでもなんらおかしくはないでしょう。

傘下の国の王として6大将軍のポストはむしろうってつけなんじゃないかとさえ思うくらいです。

これから先史実に登場しなくなる件については、国防の柱として守りの要を担っていたとかいくらでも辻褄はあわせられると思います。

 

5.王翦 おうせん

 

この時代随一の将軍である王翦。

史実と武功のみを考えれば6将入りの筆頭候補でしょう。

 

ただ問題は自身が王になりたいという歪んだ人間性。

この件に関しては政の支配力が上回り、あの王翦をも従わせるみたいな感じになるのではないかと予想します。

中華を統一するくらいですから1武将くらい簡単に掌握してみせるのでは!?

成長した政がどんな大物として描かれるのかにも注目していきたいです。

(原先生によると、史実のように暴君路線には行かないらしいので)

 

新6大将軍最後の候補者は?

蒙武 もうぶ

 

作中では単体最強クラスの武力みたいな描かれ方をしている蒙武。

昌平君との関係性を考えても、今後彼には大きな見せ場がくることは確実です。

既に秦国筆頭の大将軍の立場にありますし、普通に考えれば彼も新6将入りが濃厚だとは思います。

 

ただ気になるフラグが2つあって、最後まで新6将に強く推せませんでした。

 

まず、1つは政との関係性。

蒙武は最後まで政の政敵だった呂不韋の4柱の1人で居続けました。

いわば別派閥の人間です。

土壇場で寝返った昌平君とは状況がかなり異なります。

そんな彼を政がわざわざ6大将軍に任命するでしょうか?

既に大将軍の地位にいますし、これ以上権力を与える必要もないように思うのです。

 

2つ目に、最初に6大将軍復活を進言したのは蒙武だったこと。

6大将軍は復活させるけれど、君は入らないよってやりそうな気がするんですよね(^^;

 

ひねりすぎだとは思いますが、蒙武は驁と同じように6大将軍以外の1大将軍として終わるのではと思っています。

因みに史実においての蒙武は、父の驁、息子の蒙恬よりも目立った功績が少ないようです。

 

羌瘣(きょうかい)

 

単体での強さも、軍を統率する力もずば抜けている羌瘣。

私は蒙武ではなく彼女の方が新6大将軍に選ばれると考えています。

 

飛信隊の副長として鬼神のような戦いをみせる彼女の名は敵国にも伝わりはじめています。

かつて政を暗殺しようとしたとはいえ今は昔。

常に信や河了貂の近くにいる羌瘣は、政との信頼関係も蒙武よりははるかに芽生えやすいように思います。

 

史実との辻褄あわせも楊端和と同じように可能だと考えます。

目立った功績が記されていないぶん自由に動かせて、作者の腕の見せ所なのではないでしょうか。

 

その他の候補者

 

ファルファルファル~でお馴染みの騰大将軍(とう)は好きなキャラなんですが、如何せん副官のイメージが抜けません。

オールマイティーで欠点は見当たらないんですが、新6大将軍の1人と言われるといまいちしっくりこない。

作中でもあえて後進を育てるような戦術をとってましたし、6将以外の大将軍の1人という立場が妥当かと(^^;

 

政との信頼関係は厚いであろう壁将軍(へき)ですが、新6将入りというのは流石に無理があるでしょう(笑)

理由はいわずもがな・・・

壁将軍の名を聞いて他国が震えあがるイメージが微塵もないからです。

 

同じく信頼関係の厚い河了貂(かりょうてん)も同じ理由でないと思います。

 

桓騎将軍(かんき)も詳しくは触れませんが史実を考えれば候補から除外で問題ないはずです。

 

【キングダム】新6大将軍を予想してきた結果

 

私の考察をまとめると、

信、王賁、蒙恬、楊端和、王翦、羌瘣の6人が新6大将軍に選ばれるという結果になりました。

自身はあるようなないような・・・

漫画としては、女性が2人入っていてバランスもいいんじゃないかななんて思ってます。

 

※あくまでも筆者個人の私的な予想ですのであしからず

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど