藤真健司選手兼監督が謎すぎる!新装再編版発売記念に考察してみた!

スラムダンク新装版
スポンサーリンク




Pocket

新たに新装版が発売され、話題が再燃しているスラムダンク

 

僕は小学生の頃、スラムダンクに影響されてミニバスをやっていました。

 

スラムダンクはバスケをやったことがあるないに関わらず、今や国民的漫画といえるのではないでしょうか?

青春時代真っただ中だった僕らの世代の枠を超え、幅広い世代の人に親しまれています。

 

そんなスラムダンクですが、僕は当時からどうしても解せないことがありました。

表題の藤真健司選手兼監督です。

 

2018年7月2日にはこの藤真が登場する翔陽戦も収められた新装再編版も発売されます。

タイミングよく思い立ってしまったので、この謎について再度考察してみようと考えました。

 

特に何かの役に立つわけではありませんが、良ければお付き合いください(._.)

スポンサーリンク

藤真健司選手兼監督について考察してみた結論!

 

調べてみましたが、公式にはこの件についての見解は述べられていませんでした。

 

そこで、僕が色々考察してみたうえでの結論です。

 

おそらく作者の井上雄彦先生が、そういう設定のキャラがいても面白いだろうと考えたからではないでしょうか?

 

つまり閃き!奇抜なアイディアってやつです!

 

これを言ってしまうと元も子もないけど、まあ漫画ですからね(^^;

このくらいの柔軟性と遊び心があっても不思議ではないと思います。

 

あとはこの奇抜なアイディアを如何に上手く、しかも劇的に扱うにはどうしたらいいか?

 

普通に戦ったらハードルが高そうな段階で、相手チームとして出しちゃえばイイじゃん。

神奈川ナンバーツーの強豪なので踏み台としてのインパクトもバッチリ!

 

割とこんな感じではないかと思います(^^;

 

閃いたアイディアを積極的に具現化した結果だったのではないでしょうか?

 

これより以下は完全に趣味の域に入る考察です(^^;

興味のある方は引き続きお付き合いください。

なお細かい説明から入ると長くなりすぎるので、あえて登場人物やストーリーの詳細説明は省きます。

ここからは、スラムダンクを読んだことがあるのが前提です。

ご了承ください。

 

なお、文末でスラムダンク新装版の紹介をしています。

気になる方は今すぐそちらへレッツゴー(^^)/

 

そもそも藤真健司選手兼監督の何が解せなかったのか?

 

ここからは正直野暮な話です(笑)

藤真健司選手兼監督という状況が、如何にカオスかということを真面目に掘り下げていきたいと思います。

 

1.県下トップを争うインターハイ常連校に正式な大人の監督がいない!?

 

監督としての藤真が優秀かどうかは置いといて、どう考えてもおかしいですよね。

 

翔陽高校は県下トップを争うインターハイ常連校です。

 

きちんとした指導体制が整っていないのは学校として問題大ありです。

対外的にみても、いくら優秀とはいえ生徒に監督をさせている状況は心象が悪いはず。

これでは翌年優秀な部員を集められるのか心配でなりません。

全国を目指す優秀な中学生が志望してくるのかも謎です。

 

それに自分が保護者だったら、きちんとした指導が受けられる学校に子供を行かせたいと思うでしょう。

 

2.高校生が選手兼監督をしているという異常な状況に対しての周りの反応

 

この異常な状況に対して疑問を投げかける登場人物がいないことにも違和感を感じました。

 

唯一陵南の田岡監督が、「ちゃんとした監督がいたなら結果は~」とか言ってはいましたが・・・

 

藤真本人もよく引き受けたと思いますし、監督を任せる方も任せる方です。

 

裏でひと悶着あったのかはわかりませんが、負けた後の涙にしても潔すぎます。

 

それからこの状況を受け入れている翔陽の部員たちにも違和感たっぷりです。

いくら牧と双璧をなす神奈川最高のプレーヤーだからって藤真は同じ高校生ですよ。

仲の良し悪しでベンチ入りに贔屓がでるかもしれない。

 

普通なら部活内で過剰な上下関係や派閥が生まれて、人間関係が無茶苦茶になりかねない状況だと思います。

 

3.藤真が監督になる前の監督はどうしていたの?

 

おそらく、藤真が監督を引き受けたのは3年生になってからでしょう。

流石に2年生監督に3年生を従えるのは難しいでしょうから(^^;

 

だとすると、その前の監督はどうしていたのか本当に気になるところです。

代々キャプテンが監督を兼任する学校なのでしょうか?

 

お大人の監督がいたとするならその人はどうなって、なぜ後任を連れてこなかったのか?

体罰など問題をお起こして急遽藤真が兼任監督になったにしては落ち着きすぎています。

全国常連校なのだから、OBから適任者を連れてくるなどいくらでも人材は探せそうなものですが・・・

 

実はバスケにそれほど力を入れていない学校だったのでしょうか?

スタンドを埋め尽くすほど補欠がいるのにそれも考えづらい気がしますし・・・

 

謎は深まるばかりです。

 

4.チームナンバーワンの選手の力を生かせない!

 

単純にチームとして藤真の監督兼任は悪手でしょう!

 

監督の仕事は、作戦を考えたり試合中の指示を出すことだけではありません。

普段の練習メニューを考えて指導したり、部員の管理などその業務は多岐に及ぶはずです。

確かに顧問の先生はいましたが、せいぜい顧問にできる仕事は総務的なことくらいでしょう。

 

ベンチ外のスタンドに大勢いた部員たちのことまで気にかけながらプレーヤーまでこなしているのでしょうか?

そうなると、藤真への負担が大き過ぎます。

 

ストレスでハゲそうです( ;∀;)

 

打倒海南大付属を掲げて誰よりも練習したいはずの藤真の足かせにしかなりません。

監督を務めながらプレーヤーとして牧に勝つなんて不可能でしょう。

チームぐるみでナンバーワンプレーヤーの足を引っぱってどうするの(-_-;)?

 

高橋由伸監督が代打高橋由伸を使えないよりも間抜けじゃないですか

 

実際、藤真健司監督は藤真健司選手を温存?して不完全燃焼のまま翔陽は敗退してしまいます。

 

藤真のポジションはPG。ゲームメイクをするポジションです。

たった1人PGが変わっただけで、奴らはインターハイ常連の顔になるみたいなことを牧が言ってましたが普通にそれじゃいかんでしょ(笑)

 

どのゲームでも藤真が最初から出場して、フルでゲームメイクするのがどう考えても最良な作戦だと思います。

 

湘北戦で早い時間に出場しようとする藤真を執拗に止めた花形さんにも問題ありですね(-_-;)

 

海南が観ているから手の内を明かしたくなかったのかもしれませんが、そこまで藤真の出場を阻む理由にはならないように思います。

スラムダンク新装版が順次発売中です!

 

2018年6月1日に第一弾として1巻から6巻が既に発売しています。

 

これから数冊ずつ順次発売していくようで、7月2日に続きの7巻から10巻までが発売です。

 

この新装版、物語の切れ目ごとに再編集されており、全20巻になるとのこと!

 

オリジナルは31巻なので、比べると1冊1冊は少し厚めですね。

値段は1冊およそ600円ほどでした。

 

表紙は井上雄彦先生がこのために書き下ろした新しいものになります。

全部集めるとポスターがプレゼントされる企画もあるようで、ファンには見逃せません!

 

この新装再編版、売れ行きは好調な様で、発売済の1から6巻に関しては近くの書店で売り切れてました。

 

僕はオリジナルを全館持っているのですが、この新装版も全て出揃ったら大人買いしてしまいそうな予感がします(^^;

 

藤真健司選手兼監督が謎すぎる!新装再編版発売記念に考察してみた!おわりに

 

如何でしたでしょうか?

 

漫画をここまで掘り下げるのは野暮でしたが、筆者としては楽しめました(^^;

 

何度読み返しても、スラムダンクはやっぱり面白い♪

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど