ジョジョリオン6巻ネタバレ考察と感想!東方家長男を襲う病気

ジョジョリオン 
スポンサーリンク




Pocket

この記事はコミックスの巻ごとにジョジョリオンを振り返ってみる企画の第6回目です。

 

この企画を始めようと思ったのは、興味はあるけど意味がわからなくて離脱したという人の話をよく耳にするからです。

 

僕は思うのです、それはもったいないことだと(^^;

話の軸さえ押さえれば、きっと楽しく読んでもらえると思ったわけです。

 

多分なネタバレは含みますが、ジョジョリオンという話の大筋を手軽に知りたいあなたにおすすめの記事です。

この記事を読むことで、これまでの流れを振り返ることができると思います。

 

漫画を読んでいて意味がわからなかったという方は、この記事を読んで内容を確認するのもおすすめです。

また、初めての方には理解を助けると共に、その魅力が伝わるのではないかと思います。

 

この記事を読む前に5巻について読まれるとスムーズです。

ジョジョリオン5巻ネタバレ考察と感想!ジョニィ・ジョースターの伝説

 

それでは早速いってみましょう。

スポンサーリンク

ここを押さえれば大筋は把握!6巻の話最短まとめ!

 

代々、東方家の長男が発症する奇病の存在が発覚!

つるぎは、間もなく自身を襲う病気のことを知っていて恐れている。

つるぎは、東方家について嗅ぎまわる康穂と定助にスタンド攻撃を加えてくる。

謎の男八木山夜露登場!

 

6巻の話の流れをネタバレ要約

 

康穂を松の木の穴の中に引きづり込んだのは東方つるぎでした。

つるぎは東方家6代目となる長男で現在9歳。

 

東方家の長男は代々12歳までは女の子として育てられるそうです。

 

代々東方家の長男は、10歳前後で必ず命に関わる奇病を発症する運命らしい!

女の子の格好をしているのはその魔よけの意味が込められているのだそう。

 

康穂が引きづり込まれた松の木の穴と、東方家の離れの地下室は繋がっていました。

そこにはいくつか部屋もあり、定助の服装に似た衣服がかかった牢屋のような部屋も・・・

 

東方家を嗅ぎまわって調べた情報を定助に伝えたい康穂。

そんな康穂につるぎはスタンド攻撃を加えてきます!

 

東方つるぎのスタンド名は、ペーパー・ムーン・キング

つるぎのスタンドである折り紙に触れると、ものの区別がつかなくなるという能力です。

人の顔が全て同じに見えたり、文字やデザインの区別もつかなくなっていきます。

 

康穂は、つるぎのところから飛び出し、定助と『ごま蜜カフェ』で合流しようとします。

しかし、出会う人の顔が全て同じにみえて定助を識別できません!

文字も全てごま蜜カフェに見えてしまい、目的地にたどり着くこともできないのです。

 

康穂まで接近した定助にもスタンド攻撃の影響が及びます。

つるぎの能力の射程距離は数十メートルですが、つるぎが康穂の周りをつけて歩いているので、お互い顔が識別できないのです。

会うのを諦めた康穂は、つるぎと共にもと居た東方家の離れに帰ります。

 

つるぎから聞いた病気のことと、吉良ホリー・ジョースターの病気の関連を感じながら、

東方家の離れに戻った康穂は疲れて眠ってしまいます。

そこで襲ってきたのは八木山夜露という謎の男。

 

夜露はずっと康穂をみていたと言い、スタンドを出すよう迫ります。

この夜露、定助についても何か知っているようで、

「あいつの記憶は決して戻らせない。これからもう一度死ぬのだから」と言い放ちます。

 

無意識の中発動したペイズリーパークは、難を逃れ定助の元へ

ペイズリー・パークの能力に導かれ、つるぎが怪しいと認識した定助は急いで東方家へと戻るのでした。

 

6巻にして初めて、定助の過去を知る男の登場です。

ただし、どうも敵な模様(^^;

 

6巻はここまでです。

 

6巻を振り返った考察と感想

 

前巻でジョニィ・ジョースターの禁断の行為と、悲劇の最後が描かれました。

それはこの「代々東方家の長男が発症する病気」の前振りだったのですね!

 

ジョジョリオンのメインテーマの1つである呪いとは、この病気のことで間違いないでしょう。

 

東方家の長男に必ず降りかかる病という名の呪い

4代目の憲助と、つるぎの父である常敏は、長男であるにもかかわらず助かっています。

つまり何かしらの治し方があるということです。

 

東方家の離れはそのための施設とのことですが、詳細については語られていません。

 

それから、つるぎがなぜ康穂と定助が会うのを妨害したのかも今のところ謎です。

東方家の秘密を守ろうとしてのことでしょうが、その意図はどこからくるのでしょう?

 

それとこの巻は少しエロに走っているように思います。

男の子であるつるぎにベタベタ体を触られたり、

定助と間違えた常秀にトイレまで連れ込まれたりと散々な康穂(^^;

常秀のネジ模様のブリーフは少し笑えました。

 

そして遂に、八木山夜露という、定助の過去を知る人物が登場しました。

どうやらこの夜露は敵のようで、以前の定助の死にも関わっているようです。

謎ばかりだった物語も、敵らしい敵が登場することによって、次第に明らかになっていきそうです。

 

6巻をこれから読むならここに注目!

 

以下が最低限おさえておきたいポイントです。

 

  • 東方家の長男が必ずかかる病気を理解しよう
  • つるぎからスタンド攻撃を受けている数話は、2人が会うことを妨害されているとわかればOK
  • ペイズリー・パークはただのナビではなく気付かせる効果もあり?(何でもあり(^^;)

 

八木山夜露の目的を色々考察してみると面白いのではないかと思います。

ジョジョリオンまとめ!ネタバレ・考察・感想記事へのリンクはこちらから!

ジョジョリオン6巻ネタバレ考察と感想!東方家長男を襲う病気 おわりに

 

いよいよ敵らしい敵も出てきて盛り上がってきそうです。

謎解きも面白いですが、やっぱりジョジョなのでバトルもみたい(^.^)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど