ジョジョリオン4巻ネタバレ考察と感想!定助の素性の半分は・・・

ジョジョリオン 
スポンサーリンク




Pocket

この記事はコミックスの巻ごとにジョジョリオンを振り返ってみる企画の第4回目です。

 

この企画を始めようと思ったのは、興味はあるけど意味がわからなくて離脱したという人の話をよく耳にするからです。

僕は思うのです、それはもったいないことだと(^^;

話の軸さえ押さえれば、きっと楽しく読んでもらえると思ったわけです。

 

多分なネタバレは含みますが、ジョジョリオンという話の大筋を手軽に知りたいあなたにおすすめの記事です。

ジョジョリオンを読まれているあなたも、この記事を読むことで、これまでの流れを振り返ることができると思います。

漫画を読んでいて意味がわからなかったという方は、この記事を読んで内容を確認するのもおすすめです。

初めての方には理解を助けると共に、その魅力が伝わるのではないかと思います。

 

この記事を読む前に3巻について読まれるとスムーズです。

ジョジョリオン3巻ネタバレ考察と感想!吉良とジョースターの血統

 

それでは早速いってみましょう。

スポンサーリンク

ここを押さえれば大筋は把握!4巻の話最短まとめ!

 

定助は吉良吉影ともう1人の誰かが、壁の目の力によって融合した存在!

吉良以外のもう1人が何者なのかを明らかにするという新たな目的が生まれる。

4巻の話の流れをネタバレ要約

 

先に病院に到着し、吉良ホリー・ジョースターと出会った康穂。

定助と似ていると感じた彼女が、定助の素性のカギを握る存在だと確信します。

吉良ホリー・ジョースターも康穂との出会いを「めぐり逢わせ」と表現し、息子の助けになってほしいと意味深な呟き

康穂に家系図を調べるようヒントを出します。

 

そして康穂の足元にはスタンドが発現。

ここで前巻から定助を安全な方向へ導いているナビスタンドの本体が康穂だと判明します。

スタンド名はイズリー・パーク

無意識に行くべき方向へと導く能力で、何かの印となって発現するとのこと。

今回は定助のもつ携帯のナビに能力が発現したようですが、これも解釈が難しいスタンドですね(^^;。

 

場面が変わって、吉良ホリー・ジョースターに会うために病院を目指す定助はバイクライダーのスタンドと交戦中。

扉や携帯を開けるとスタンドに襲われることに気が付きます。

スタンド名は、ボーン・ディス・ウェイ

自動追跡型のスタンドで、モーターバイクのパワーと氷の世界(氷や吹雪など)を出すことで標的を攻撃してきます

こちらの本体は東方家の家政婦、虹村京と判明!

 

戦いに勝利した後、虹村京の狙いと、正体も判明します。

彼女は吉良ホリー・ジョースターの娘で、吉良吉影の妹だったのです!

彼女の肩にも定助と同じ星形のアザがありました。

彼女もジョースター家の子孫だったのです。

彼女は東方家の秘密を探るため、素性を隠して潜入していたのです!

 

絶対に吉良ホリー・ジョースターには会わせないという彼女の強い執念をくみ取った定助は、現段階でホリーに会うことを断念します。

その対応をみて、定助を警戒していた虹村が心を開きます。

彼女が定助をまじかで確認すると、定助の舌は2枚、眼球は4つで、半分ずつが中心でくっついていることが判明します。

 

ペイズリー・パークの能力に導かれ再び吉良ホリー・ジョースターの病室まで戻ってきた康穂。

医師たちの会話から吉良ホリー・ジョースターは体の複数部位が人為的に奪われているという情報を得ます。

手術跡はないのに人為的ということは、何からのスタンド能力による攻撃でしょうか?

 

虹村の口からは、

  • 定助は見張られるために東方家に保護されていること
  • 東方家には重要な秘密があること

そして、

  • 定助は自身の兄である吉良吉影と、もう1人の誰かが融合した存在であること

 

が語られます。

 

定助が埋まっていた付近は、隆起して壁の目となる以前から、埋めると2つのものが融合する場所だったのです。

その事実を東方家の誰かは先祖代々知っていたと・・・

肉体だけでなく心も融合し、記憶を失っているであろうことも発覚しました。

精神の形であるスタンド能力も、融合して吉影のものとは似て非なるもへと変わったのです。

ここで吉良吉影のスタンドが描かれているのですが、キラークイーンまんまです!今後の回想シーンでみられるのですが、キラークイーンはテンション上がります!

ちょっと話がそれました(^_^)

吉影以外のもう1人とは果たして誰なのか?

そのためには自分の性質を知る必要がある。

そう考えた定助は、学校に通いたいと憲助に申し出ます。

 

意外にもあっさり学校へ通う許しを得た定助は、高校までの通学路となる道を常秀の案内で歩いてみることになります。

その道は通称カツアゲロード。

通ると必ずカツアゲにあうと言います。

かつてカツアゲされたことを根に持っていた常秀は、復讐をしようと企てるのですが・・・

 

カツアゲロードに足を踏み入れると、早速に不思議なトラブルに見舞われます。

その中で常秀は、イチョウの葉が原因で気付かぬうちに体が勝手に滑り、一瞬で元の場所に戻されるという奇妙な現象が起きることに気が付きます。

 

4巻を振り返った考察と感想

 

定助を安全な方へと導いていたのは、やはり康穂のスタンドでした。

ジョジョリオンでは、歯型のような噛まれた傷の出現がスタンド発現の合図なのかもしれません。

 

吉良ホリー・ジョースターが臓器の複数を失っているのは、何者かのスタンド攻撃なのか?

それとも別の理由があるのかも気になりました。

 

意外なところから、定助の素性の半分が明らかとなりましたね。

前号で吉良吉影と定助のDNAが95%一致というのは、このことの伏線だったのでしょう。

定助=吉良吉影+?だという衝撃の事実が判明しました!

 

それにしても、まさか家政婦の虹村さんからこんなに重要な情報が語られようとは(笑)

吉影の妹の存在は、家系図にも記されていなかったので驚きでした。

 

吉影は家系図に載っていない妹を守ろうとして命を落としたのか?

そもそも虹村さんがウソを言っている可能性はないのかなど、考察し始めるときりがない感じですね(^^;

 

僕的に、虹村さんの話に嘘はないと思うので、今後の方向としては東方家の秘密を探る方向に向かうのだと思います。

東方家が何かを隠していて、定助についても何か知っているというのも確定的だと思います。

 

それからもう1つ、吉良吉影以外の定助を形成する人物は誰なのか?

今後の物語のカギとなることでしょう。

 

4巻をこれから読むならここに注目!

 

以下が最低限おさえておきたいポイントです。

 

  • 今後も登場するであろう康穂のスタンド能力
  • 吉良ホリー・ジョースターというカギになりそうな人物の状態
  • 家政婦虹村京の正体
  • 定助=吉良吉影+? 2人の人物が融合して生まれたのが定助

 

新たに生まれた行動目的

  1. 定助を形成するもう1人が何者なのかを突きとめること
  2. 東方家、ジョースター家の秘密をあばくこと

 

カツアゲロードにいるのは、自分を知るため学校に通う必要があると考えたからで、目的は1.に通ずる過程である。

 

ジョジョリオンまとめ!ネタバレ・考察・感想記事へのリンクはこちらから!

ジョジョリオン4巻ネタバレ考察と感想!定助の素性の半分は・・・ おわりに

 

今回はちょっと長くなってしまいました(+_+)

 

次回はもうすこし短くまとめるよう注意したいと思います。

それではまた次回お会いしましょう(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど