エアマックス97(AIRMAX97)発売当時、青春時代を振り返る

エアマックス97リフレクター画像
スポンサーリンク




Pocket

どうも!スニーカー大好き、ピーク時150足以上のスニーカーを所有していたくういちと申します。

 

この記事では、エアマックス97発売当時の記憶を紐解いていこうと思います。

完全な趣味記事ですが、当時のスニーカーブームの一端を垣間見れることと思います。

それでは早速はじまりはじまり~

スポンサーリンク

1997年当時のスニーカー事情とエアマックス

 

1997年はまさに流行の過渡期。

エアマックス95の余韻は残るものの、流行りは急速にローテクスニーカーへと流れていました。

 

そんな中登場したエアマックス97は、世間一般が新作のエアマックス発売に関心を示した最後の1足だったように記憶しています。

 

というのも・・・

爆発的にヒットしたエアマックス95をピークに、続く96、96Ⅱ(97年前半に発売したモデル。当時はこれが97だったはず)の人気はイマイチ。

エアマックス97が発売するころにはハイテクスニーカーブームそのものが下火となってしまっていたのです。

 

そういった時代背景もあって、エアマックス97への世間一般の注目度はそれほど高くありませんでした。

注目していたのは、ストリートジャックやブーン、クールトランスなどのスニーカー情報誌を読んでいた層くらいかと思います。

 

今振り返ってみると、ことエアマックスに関してはシリーズ全般がブームだったというよりも、エアマックス95が突然変異的にバカ売れした現象だったという方が適切だと思います。

 

好きな方には申し訳ないですが、エアマックス96が出たときのガッカリ感といったら・・・

95の代役として購買力を満たしたい層には需要があったものの、街の靴屋で売れ残りセールで見かけることもしばしば。

この靴の人気は伸びませんでした。

 

続く96Ⅱに至ってはセールでも売れ残り、スニーカーに興味がない層まで気軽に普段履きで履いている始末でした。

帰宅部のアニメ漫画好きのクラスメート(ファッションに興味なし)が颯爽と履いていたのが鮮明に忘れられないほどです・・・

 

逆の見方をすれば、エアマックス95が規格外に秀逸過ぎたとも言えるでしょう。

 

近未来的過ぎた!?放射線状のアッパーが目を引く独特のデザイン

 

エアマックス97のデザインは斬新で近未来的。

復刻版でも大人気なシルバーバレットは、当時2番目に発売されたカラーでした。

 

メタリックな印象も手伝って私的にも最も印象に残っているモデルです。

と同時に、田舎者が履くにはなんだか気が引けるような都会的なデザインだとも思いました。

 

この靴を眺めていると、日本の新幹線からインスピレーションを受けたというのも頷けます。

ビビットな原色が多いランニングシューズにあってシルバーメタリックに映える控えめな赤のスウッシュ。

はじめて搭載されたフルレングスビジブルAirクッショニングはインパクト絶大でした。

店頭にエアを触りに行って衝撃を受けたことを覚えています。

 

このデザインは!?エアマックス少し盛り返したかも?

ソールが殆どエアだけど耐久性大丈夫なのかな?

エアが地面との設置面に近すぎて釘踏んだら即パンクだな(-_-;)

※実際私のエアマックス96Ⅱは釘を拾ってしまってお亡くなりになりました。

 

店頭でこれをみて友達とあーだこーだ話しをしていたのが懐かしいです。

 

エアマックス97はエアマックス95と肩を並べるようなモデルではなかった。

 

ただ、如何せんエアマックス95とは格が違いました。

発売した時期が不遇であったとはいえ、エアマックス97は過去を超えられなかった・・・

スニーカー好きから一定の評価は得たものの、それでもなお皆が欲しいのはエアマックス95だったのです。

 

流行の流れは止められず・・・

世間のトレンドは完全にローテクスニーカーに移っていきました。

また、クラークスのワラビーブーツやレッドウイング、ティンバーランド、ドクターマーチンのブーツなどが流行ったのもこの時期。

 

ひと言で言うと、エアマックスはこの当時既にナウくなかった(死後(-_-;))のです。

 

履かない靴は買わない(履かない靴を買う余裕などない)高校生だった私はもちろん華麗にスルー

この頃はクラークスのワラビーブーツとコンバースのジャックパーセルばかりを履くようになっていました。

 

流行から外れたトライアックスは体育の授業用に・・・

ズームフライト95やフットスケープは綺麗に掃除して鑑賞用に・・・

こうして私の第一次ハイテクスニーカーブームは幕を閉じていったのでした。

 

エアマックス97は、96や96Ⅱと比べれば眺めていたい素敵なデザインではあったんですけどね。

当時95のオリジナルを所有していた私からすれば全く食指は動きませんでした。

 

繰り返しになりますが、当時からシルバーバレットはちょっといいなとは思っていたんですよ(^^;

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど