ナイキのコルテッツを買いました!(NIKE CORTEZ ‘72 SHOE DOG PACK)比較もしてみたよ

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像
スポンサーリンク




Pocket

どうも!スニーカー大好き、ピーク時150足以上のスニーカーを所有していたくういちと申します。

 

今年に入って2足目のスニーカーを購入したので紹介♪

先日SNKRS(スニーカーズ)をチェックしていたら、たまたまリストックされていた1足になります。

スポンサーリンク

NIKE CORTEZ‘72 SHOE DOG PACK ナイキ コルテッツ‘72 シュードック パック

NIKE CORTEZ72 SHOE DOG PACK 画像

1972年発売当時のディテールを再現したこのモデル。

詳しいいきさつはフィル・ナイトの著書、SHOE DOG(シュードッグ)靴にすべてを。を読んでいただくとして、この記事では普通のコルテッツとの違いを中心にみていこうと思います。

 

SHOE DOG(シュードッグ)はおすすめの本ですので是非読んでみてください!

話題作なのでご存知の方も多いとは思いますが、ナイキ創業に関わる挑戦の物語です。

 

私が買ったのは最もオーソドックスな細身のスウッシュを纏ったモデルになります。

 

シューズボックスには風車型のNikeスウッシュ

NIKE CORTEZ72 SHOE DOG PACK シューズボックス画像

 

箱は特別仕様♪

ビンテージのNikeなどで見かける風車型のスウッシュマークが入っていました。

なんか懐かしい(^^)

 

包み紙(再生紙)には3タイプのロゴが印字

NIKE CORTEZ72 SHOE DOG PACK 包み紙 再生紙 画像

 

包み紙には今回のシュードックパック3種のロゴが入っていました。

  • 細身のスウッシュ
  • ディメンションシックス
  • ファルコン

 

もしスウッシュ以外が選ばれていたら現在のNike人気はあったかどうか(^^;・・・

 

数年経過した後の珍しさは、ディメンションシックスとファルコンバージョンの方が上だとは思います。

一見ナイキの靴とはわからない感じの仕上がりなので持っておいても面白いかもしれません。

 

ただ、実際所有して履くとなるとやっぱりスウッシュの方が使いやすいと判断しました。

 

フィル・ナイト本人が推したらしいディメンションシックスバージョンならナイキのアウトレットで今でも見かけることがあります。(もちろん店舗にもよるけど・・・)

1万円以下で余裕で手に入るので、気になる方はナイキのアウトレットを覗いてみてください。

※2020年3月現在

 

紙製のシューキーパーも入っていました

NIKE CORTEZ72 SHOE DOG PACK シューキーパー 画像

 

15400円もするだけあって紙製のシューキーパーも入ってきます。

レトロランニング系としてはVIP待遇。

ちなみに普通のナイロンコルテッツだと丸めた紙が入っているだけです。

 

色々な角度からコルテッツ‘72のディテールをみていこう!

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

外側が細身のスウッシュ、内側は目立たない白で通常の太めなコルテッツのスウッシュになっています。

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

ご覧のようにスウッシュは刺繡で縫われた仕様。

細身の靴に細身のスウッシュがスタイリッシュな見た目をより引き立てています。

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

後から比較しますが、前からみた見た目は通常仕様とかなり異なります。

ゴツゴツしていなくてどんなファッションにも合わせやすそうです♪

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

ミッドソールに青のラインが入ることで、白赤青のトリコロールカラーを形成しています。

暖かくなってくる春先にピッタリ♪

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

後ろからみても細身でスタイリッシュ!

ペロンとめくれるヒールタブが特徴的です。

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACK 画像

 

斜め後ろから。

とっても古臭い見た目で、新品なのにビンテージ臭さえ漂います。

私が若いころでもこのデザインは古臭く感じるだろうというほど超レトロな外観です(^^;

 

コルテッツ‘72 シュードック パック と クラシックコルテッツ(ナイロン)を比較!

コルテッツ 比較 画像

 

他に持っているクラシックコルテッツ(ナイロン)と比較してみました。

こうして並べてみると、通常のコルテッツよりも更に細身であることがわかるかと思います。

元々細身なコルテッツですが、コルテッツ’72の方がより細い見た目になります。

 

膨張色の白(72)より引き締まって見えるはずの黒(クラシック)の方がシルエットが太く見えますね。

コッペパンのような可愛らしい丸みという意味ではクラシックコルテッツに軍配かな(^^;

 

その他シュータンのロゴが小文字と大文字という違いをがありました。

 

後ろ姿を比較

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

後ろからみても印象はかなり異なります。

素材の違いこそあれど、コルテッツ’72の方が1周りは細くみえます。

 

折り返しになっているヒールタブが最大の違いでしょう。

 

シューズの内側を比較

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

最も違いが少ないシューズの内側。

ぱっとみてどちらも普通にコルテッツだなと認識できます。

 

正面から比較

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

つま先の部分の作りが大きく異なります。

見た目的にもコルテッツ’72の方が古臭いです(笑)

 

つま先以外のアッパー部分は概ね近いデザインといった印象でした。

 

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

一応上からも(笑)

クラシックコルテッツ(ナイロン)の方は結構履いてるやつなので、やや横に広がってるかもしれません。

 

アウトソールを比較

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

中央のNikeロゴ以外アウトソールの形状は同じでした。

硬さも変わらず耐久性は同じくらいだと思います。

 

コルテッツのアウトソールは比較的強度が弱く減るのが早いです。

履く頻度を考えないとすぐに擦り減ってしまうので注意が必要!

ローテーションして少しでも長く履きたいものです。

 

ライニングとシュータンを比較

NIKE CORTEZ`72 SHOE DOG PACKとクラシックコルテッツを比較した画像

 

1枚革のレザーのみでできたライニングは非常にシンプル。

ジャージ素材の柔らかい補強がされたクラシックコルテッツと比べても違いは明らかです。

 

現行の靴でここまでこざっぱりとしたライニングはないんじゃないかというくらい薄いです(^^;

 

シュータンも切りっぱなしで、いかにもレトロランニングといった作りだと思います。

 

切りっぱなしのシュータンは経年劣化してくるとぽろぽろ千切れたりするんですよね(-_-;)

個人的にはここが残念ポイントです。

 

買い逃してしまったスニーカーをお探しでしたらモノカブがおすすめです。

 

新品のみの取り扱いで本物鑑定付き!

安心便利にレアモデルも探すことができます。

今なら招待コード入力で1500円OFF!
現在、モノカブではお得なキャンペーン中。
今なら下記招待コードを入力することで1500円分のクーポンがGETできます。

モノカブの商品を1500円引きで購入できるチャンスです!

良かったら入力してみてください。

 

コード 5ea7f7

モノカブ(Monobkabu)でレアスニーカーを探してみる

 

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど