2020年プロ野球の日程(スケジュール)はどう違う?東京オリンピックイヤー

東京ドームと太陽
スポンサーリンク




Pocket

東京2020オリンピックイヤーのプロ野球について、昨年(2019年)との違いをもとに年間スケジュールを確認してみました。

大まかな年間の流れを把握して開幕に備えましょう(^^)

スポンサーリンク

東京オリンピックの開催期間をおさらい

 

東京2020オリンピックの開催期間中、日本のプロ野球(NPB)は中断となります。

東京オリンピックの開催期間は7月24日(金)~8月9日(日)までの17日間。

約3週にわたって世界はスポーツの祭典一色になることでしょう。

 

野球をはじめ日本代表の座を射止めた選手たちには頑張ってもらいたいですね!

各選手がベストのパフォーマンスを発揮できるよう願うばかりです。

 

2020年は10日も早くプロ野球開幕!

 

2020年のプロ野球開幕戦は3月20日に行われます。

2019年の開幕日は3月29日でした 。

 

オリンピック期間の中断を挟むため、昨年よりも10日ほど開幕が前倒しになるんですね。

 

これに伴い例年なら2~3試合しか行われない3月の公式戦が10試合も行われることに・・・

これまで3・4月とひとまとめにされていた月間MVPが2020年は3月4月と別に選出されるのかも気になるところです。

 

4月と5月でリーグ公式戦40試合を消化

 

4月と5月はおおむね週6試合でリーグ公式戦が進行。

各チーム約40試合ほどを消化し、セ・パ交流戦を迎えることになります。

ここまで開幕から交流戦を迎えるまでのゲーム消化数(日程消化率)は昨年までとだいたい同じです。

 

5月26日(火)~6月14日(日)までセ・パ交流戦!(3連戦×6、計18試合)

 

昨年より10日ほど早くセ・パ交流戦に突入します。

 

期間中は月曜日が試合が流れた場合の予備日となります。

3月に開幕を早めた貯金がまだまるまる残っている感じですね。

 

昨年の セ・パ交流戦は6月4日~6月23日まで (18試合) 

5月中に交流戦が始まるというのは慣れたプロ野球ファンからすると少し不思議な感覚かな(^^;

 

6月19日(金)からオールスターまでの間、週6で試合を消化 26試合

 

この期間の日程が例年までと大きく異なります。

オールスターの開催が昨年より1週後ろにまわり、ここから4週にかけて週6でリーグ公式戦を消化していくのです。

 

6月19日~7月18日までの1か月間は試合がぎっちりと詰まっています。

オリンピックによる中断を前に、少しでも貯金を作っておく時期というわけですね。

昨年より15試合ほど多めに消化し前半戦を終えることになります。

昨年のオールスター開催は7月12日(金)、13日(土)の2ゲーム。交流戦あけに中5日を挟んで、オールスターまでに11試合を消化していました。

 

なお、前半戦最後となる横浜対巨人の2連戦はZOZOマリンスタジアムで行われます!!(7月17日(金)18日(土))

珍しいゲームなので休みがとれれば行ってみたいかも(^^;!?

 

オールスターゲーム2試合が開催!7月19日(日)、20日(月)

 

7月19日(日)、20日(月)に2020年のオールスターは行われ、オリンピック前の日程が終了となります。

月曜日にオールスターゲームを詰め込むあたり、日程の厳しさがうかがいしれますね。

 

7月21日(火)~8月13日(木)までの間プロ野球(NPB)は中断(東京2020オリンピック開催期間)

 

前述した通りオリンピック期間中プロ野球の試合は行われません。

がんばれーオリンピック代表!!

 

8月14日より後半戦再開!10月中旬までほぼ週6で試合を消化

 

オリンピックの余韻が冷めやらぬ中、ここから2ヶ月間はプロ野球三昧になります。

オリンピック期間中活躍した代表選手が、ペナントレースの流れをどう変えるのかにも注目したいところです。

 

10月24日クライマックスシリーズファーストステージ開始!予備日を挟んでそのままファイナルステージへ

 

後半戦開始時点で日程はやや押してますね(^^;

昨年よりも1週から2週ほど長くプロ野球を楽しむことができそうです・・・

選手の皆さまはお疲れさまです(._.)

 

昨年は7月中旬から9月中旬までほぼ週6試合を消化し9月中にペナントレースを終了 。

10月第1週にCSファーストステージ、第2週にファイナルステージ、第3週に日本シリーズ開始。
10月中にNPBの全日程が終了していました。

11月にWBACがあったため昨年も過密日程でしたね(-_-;)

 

2020年プロ野球の日程(スケジュール)はどう違う?東京オリンピックイヤー おわりに

 

交流戦からオールスター前までが例年と最も異なる日程になるようです。

それにしても、オリンピック開催期間が学生の夏休み前半にモロ被りするこの日程って・・・

プロ野球の観客動員にどのような影響を与えるのかちょっと気になりました。

 

なにはともあれ開幕が待ち遠しいですね(^^)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど