ワードプレステーマ【STORK】ストークを選んだ理由をまとめてみた!

stork
スポンサーリンク




Pocket

ワードプレスのテーマって沢山ありますよね(^^;

 

そんな中で僕が選んだのは【STORK(ストーク】というテーマです。

 

多くの有名ブロガーさんも使われているこのテーマ。

 

第一印象からオシャレでいいなと思ってました(^^)

 

この記事では、僕がワードプレステーマ【STORK(ストーク】を選んだ理由をまとめてみたいと思います。

 

テーマ選びの参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

理由1 ブログマーケッタージュンイチさんが監修したテーマだったから!

 

僕がドメインを取得してブログを始めたのは2018年2月になります。

 

全くのブログど素人が、ブログマーケッタージュンイチさんのブログに辿りつけたことでこのブログが生まれました。

 

ホントにこれが全てですね。

 

最初に辿りついたワードプレス解説系のブログがジュンイチさんのところで本当に良かった(*^^*)

 

kuuichi
ワードプレスでブログなんて自分にできるのかな?ドメイン?レンタルサーバー?自分プログラミングとかよくわからんけど(>_<)

 

何もわからない状態でしたが、不思議な感覚に後押しされてやってみることにしました。

 

kuuichi
このときの自分の感覚グッジョブ(笑)

 

ジュンイチさんの解説動画をかじりつくように観ながら、恐る恐る初期設定を済ませました。

 

このブログの最初のテーマはジュンイチさんの【giraffe(ジラフ)】でした。

 

無料で利用できるテーマなのに、デザインもオシャレ♪

 

素人の僕にも使いやすくて、とても気に入ってました。

 

ジュンイチさんの解説通り作業を進めると、あとは記事をかくだけというところまで持っていけました。

 

後から考えても、これ以上ない好条件でブログを始めることができたんだなと思ってます。

 

無料で素敵なテーマを提供してくれるうえに、設定方法まで詳しく説明してくれているなんて・・・

 

そのうえブログも面白いし、人柄の良さも伝わってくる。

 

控えめに言って、このお方は神だと思いました( ;∀;)

 

このとき既に、この先テーマを変えるならジュンイチさんの作ったテーマを最優先したいという思いが生まれてたんだと思います。

 

 

理由2 【giraffe(ジラフ)】に似ている!

 

テーマを変える際に、自分に細かい設定ができるか不安でした。

 

その点【STORK(ストーク】はその不安が少なかったんです。

 

デモサイトをみて思いましたが、【giraffe(ジラフ)】に似てたんです。

 

それもそのはず、【STORK(ストーク】はジュンイチさん監修のテーマですからね(^^;

 

もしかして互換性があるかもとか期待したわけです。

 

初心者がテーマを変更するハードルが、少しだけでも低くなるのではと考えたのです。

 

 

理由3 OPENCAGEさんのサイトでテーマの使い方が記載されている!

 

【STORK(ストーク】を販売しているOPENCAGEさんのサイトの説明が詳しいことも決め手でした。

 

この頃は(今もですが(^^;)、とにかくテーマを弄るのが恐かった(+_+)

 

万が一バグったらリカバリーできるのかな?

 

未知の体験への不安でいっぱいでした。

 

その点【STORK(ストーク】は販売元が使い方を説明していて不安を和らげてくれていました。

 

そのうえ、購入から30日間は無料メールサポートもついていて安心。

 

(結局無料メールサポートは使わず仕舞いに終わりましたが(^^;)

 

それからジュンイチさんのブログにも【STORK(ストーク】導入についての動画があったことも心強かったです。

 

理由4 モバイルファースト!

 

今の時代スマホやタブレットからブログを読む人が大半ですよね。

 

実際僕もブログを始める前までは、ほとんどスマホでネットサーフィンしてました。

 

テーマを変える際の最優先事項はこのモバイルファースト対応でした。

 

今出ているテーマはほとんどモバイルファーストなんだとは思います。

 

ただ、【STORK(ストーク】はテーマコンセプトにもしっかりこのことが明記されていました。

 

スマホからもデモページを確認しましたが、ホントに綺麗でみやすいです(^^)

 

ジュンイチさんの解説文も載ってて信用度が高いと思えたのも決め手です!

 

理由5 ウィジェット機能が素敵!

 

ここにこれを貼り付けたいとか思っても、難しい設定は現状の自分にはできません。

 

ブログを書くのがメインなので、レイアウトに時間をかけたくありませんでした。

 

僕がデモサイトを観て1番気に入ったのが、何を隠そうこのウィジェット機能です!

 

なんというか、痒い所に手が届く感じです。

 

【giraffe(ジラフ)】との最大の違いもココでした。

 

簡単に配置できるウィジェットの数も場所も段違いです!

 

操作になれていない僕でも、2時間くらいで全ての変更を行うことができました(^^)

 

理由6 有料テーマだった

 

テーマ変更を考えはじめたのには理由があります。

 

正直言うと、ブログを始めたばかりの僕には【giraffe(ジラフ)】で充分でした(^^;

 

テーマを変えるにしても、

 

ジュンイチさんの【giraffe(ジラフ)】が直前でリニュアルされているのでそちらも検討していました。

ではなぜ【STORK(ストーク】にしたのか?

 

それは・・・

 

ブログを続けるためです!

 

テーマを変更した時期は、ブログを始めて2ヶ月経過したころでした。

 

僕はこのころブログが書けなくなりました(-_-;)

 

ネタ切れでモチベーションがダウンしていたのです。

 

スランプってやつですね(^^;

こんな具合にどうすればブログが書けるのかを記事にしてしまうくらいにいきづまってました(>_<)

 

少し考えて出た結論。

 

kuuichi
カンフル剤的な何かが必要な気がする。ベタだけど、ブログに投資すれば続けるモチベーションに繋がるはず!

 

こうして出た結論が有料テーマの購入だったというわけです。

 

【STORK(ストーク】の価格は10800円(税込み)です。

 

ブログを辞めてしまわないための投資と思えば安いものでした。

 

理由7 多くのブロガーに選ばれている!

 

最初にも書きましたが、【STORK(ストーク】は多くのブロガーが使っています。

 

つまり、情報も集めやすいのです!

 

これは知識の浅い僕にとっては重要なことです。

 

マニアックなのを買って、弄れなくなったら大変ですから(^^;

 

それから他のブログを覗いたときに、レイアウトとか参考にしやすいとも思いました。

 

選ぶうえで考慮した【STORK(ストーク】のデメリット!

 

ここまで、【STORK(ストーク】を選んだ理由を7つあげてきましたが、選ぶうえで考慮したデメリットも紹介しておきます。

 

デメリット1 発売から期間が経過している!

 

【STORK(ストーク】が発売したのは2016年5月30日とのこと。

 

何回かアップデートはされているとはいえ、最新のテーマではないという点では迷いました。

 

家電や車なんかだと、2年で飛躍的進歩が進むなんてことも考えられますからね(^^;

 

デメリット2 1回の購入につき1ブログのみの使用しかできない!

 

【STORK(ストーク】の場合、1回の購入につき1つのブログでしか使用できません。

 

仮に僕が他にブログを作っても、購入した【STORK(ストーク】はもう使用できないのです。

 

また【STORK(ストーク】が使いたい場合は、都度購入するしかありません(>_<)

 

 

SealやELEPHANTも考えましたが・・・

 

ジュンイチさんが制作された、Seal か ELEPHANT にしようかとも最後まで悩みました。

 

ブログマーケティングスクールに入ればジュンイチさんとも知り合えそうですし(^^;

 

正直、これに関しては完全に僕の気おくれです(>_<)

 

会社員の傍らスクールは身が持たなそうと思ったのです(+_+)

ワードプレステーマ【STORK(ストーク】を選んだ理由をまとめてみた! おわりに

 

如何でしたでしょうか?

 

【STORK(ストーク】いいですよ(^^)

 

最低限の設定だけでそれっぽいブログに仕上がるので!

 

僕にとって全く不足がありません。

 

完全に僕の方が不足してます(笑)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど