東京ドーム、令和&平成アンビグラムがお見事!歴史的画像を後世にまで伝えたい

#東京ドームシティ
スポンサーリンク




Pocket

平成から令和へ

ジャイアンツの本拠地であり続ける東京ドーム。

 

そんな東京ドームのある文京区東京ドームシティで、時代を跨ぐ見事なアンビグラムが描かれていました。

スポンサーリンク

ラクーア側からみると『平成』

アンビグラム 平成

アンビグラムが描かれていたのは、東京ドームと隣接するLaqua (ラクーア とを繋ぐ橋の上です。

写真のようにラクーア側からみると『平成』にみえます。

 

東京ドーム側からみると『令和』

# アンビグラム 令和

あら不思議・・・

逆側にまわって、東京ドームの方から同じものを眺めると、みえる文字は『令和』になります。

 

東京ドームでの野球観戦の楽しみ方まとめ!【おすすめ記事を紹介】

異なる方向からも読み取れるグラフィカルな文字

 

アンビグラムとは、違った方向からみると別の文字として読み取れるデザインのことです。

 

このあまりに見事なアンビグラムは、我々日本人のみならず外国人観光客の方にも好評。

老若男女問わず、多くの方が足を止め記念撮影していました。

 

時代の節目に東京ドームを訪れて、得した気分になった5月2日の野球観戦でした♪

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど