2018シーズン開幕直前!活躍を期待する巨人の選手!内野手編

スタジアム
スポンサーリンク




Pocket

この記事では筆者が今シーズン期待している巨人軍の選手を忖度なしで紹介していきます。

捕手編に引き続き今回はそれ以外の内野手編です。

捕手編はこちら

2018シーズン開幕直前!活躍を期待する巨人の選手!捕手編

村田選手の退団がどう影響するのか?

若手が起用されていく中で、チームとして堅守を築くことができるのかがポイントになると思います。

スポンサーリンク

開幕戦のオーダー

今年は開幕戦のオーダーが事前に発表されるという謎のサプライズがありました(^^;

既に発表済みの開幕戦オーダーは以下の通り

 

1番センター:陽岱鋼

2番セカンド:吉川尚輝

3番ショート:坂本勇人

4番レフト:アレックス・ゲレーロ

5番サード:ケーシー・マギー

6番ファースト:岡本和真

7番ライト:長野久義

8番キャッチャー:小林誠司

9番ピッチャー:菅野智之

※黄色は内野手

阿部慎之助選手をスタメンから外して、岡本和真選手がスタメンで起用されています。

阿部選手は相手先発のメッセンジャーと相性が良かったはずなので開幕は阿部選手かと思ってたんですが(^^;

それでなくても、春先の阿部慎之助は打つというイメージがあったので・・・

チームの若返り、変革意識のあらわれでしょうか?

村田選手を切った影響もあるのかもしれません。

単純にオープン戦の成績で岡本選手が勝ち取ったとの見方もできます。

 

その他は、吉川尚輝選手が2塁の若手サバイバルを勝ち抜いたこと以外、特に意外性も驚きもないように思います。

手堅い無難なオーダーなのではないかと思います。

期待の内野手は?

筆者が最も期待している内野手はケーシー・マギー選手です。

??

この話の流れだと普通は若手のブレイクに期待ってなりますよね?

しかし僕の見解は異なります。それに忖度なしなので希望的観測で物事を判断しません。

今年の巨人打線のキーマンは3人います。

その3人とは陽岱鋼、アレックス・ゲレーロ、そしてケーシー・マギーです。

 

坂本選手は?と思うかもしれませんが、彼はいい意味でキーマンというレベルではないです。

菅野投手と並んで今や巨人軍の大黒柱なのです。

やってもらわにゃ困ります。

 

打順の並びをみてわかるように、マギー選手が昨シーズン並みの成績を維持してくれれば、チームの得点力は確実に上がるはずです。

昨年の後半はまさかの2塁を守り怪我をしてしまわないか冷や冷やしましたが、怪我なく戦い抜いてくれてほっとしました。

 

万が一、マギー選手がまた2塁を守るような状況になったとしたら、それはチームとしてかなり赤信号だとも言えます。

マギー選手が1年間5番サードーとして安定するようなら、今年の巨人は大方の予想より得点力が高いはずです。

 

坂本選手とマギー選手が怪我無く安定することで、岡本選手や吉川選手が試合に出続けられるともいえ

岡本選手と吉川選手が最低限ポジションをキープすることによって、坂本選手とマギー選手もそのしわ寄せを受けないともいえるのです。

投手編はこちらから

2018シーズン開幕目前!個人的に期待する巨人の選手!投手編

若手内野手で期待しているのは?

僕が注目している若手内野手は田中俊太選手です。

ご存知、広島カープの切込み隊長田中広輔選手の弟さんです。

昨年セリーグの盗塁王を獲得した兄よりも一回り体が大きい期待のルーキーです。

 

って( ゚Д゚)??

岡本と吉川じゃないんか~い(笑)

いやいや、勿論開幕レギュラーを掴んだ2人にも注目してますよ(^^;

でも一番気になってて、直感で何かやってくれそうなのが田中俊太選手なんです。

最も出場するには、監督の寵愛を受ける中井大介選手(開幕時の外野の登録が4人なので当面は外野がメインで出るかもしれません)

井端コーチの大好きな山本泰寛選手に競り勝たなくてはいけませんが・・・

田中俊太選手が出場機会を得るとしたら2塁手が最も可能性が高いように思います。

次に3塁の守備固めですかね(^^;

その役割だと被るのは、吉川大幾選手や寺内崇幸選手ですね。

現状どの役割でもシビアな競争に打ち勝たなければいけない立場なんだと思います

でもね、試合をよく観るファンの対場から言わせてもらうと、

何年もやってて突き抜けてこない選手はもう突き抜けないと思うんですよ。

なので現場の評価が同等なのだとしたら、ニューフェイスを優先して使ってもらいたい!

だから、寺内、吉川(大)、山本、中井、辻の見慣れた面々ではなく

吉川尚輝 田中俊太に賭けて欲しい!

彼らを一定期間優遇して仁志や二岡に化けるかもという夢をみさせて欲しい!

若手内野手の理想と現実

理想

まずは、岡本和真選手。彼の理想は1年間レギュラーを守り、村田修一氏と同等以上の成績でしょう。

次に、吉川尚輝選手。坂本選手と鉄壁の二遊間を形成し2番打者として高い出塁率を残すかな

田中俊太選手 吉川選手と同じ役割

現実

正直どれくらいやれるのか見当もつきません(>_<)

岡本選手は、阿部選手と併用されるのが現実的だと思います。

調子を落とすようなら、本来は捕手の宇佐見選手や大城選手がコンバートされてきてライバルになるかもしれません。

そうならないよう理想の成績(村田くらい)を目指してレギュラーを死守できるかどうか?というあたりだと思います。

 

吉川尚輝選手も、1年間1人で2塁を守り切れるとは正直思えません。

田中俊太選手や既存の2塁を争っていた面々も併せて1年間2塁が埋まればまずはOKだと思います。

その中で最も多く出場した2塁手くらいが現実的かと思います。

最悪でもマギー選手に2塁を守らせるようなことにならなければチーム力は保たれるように思います。

 

開幕レギュラーを勝ち取った2人は、怪我や極度のスランプに陥らず100試合近く試合に出場出来たらいいなと思ってます。

おわりに

筆者が最も期待している内野手はケーシー・マギー選手です。

若手選手は既存の選手よりニューフェイスを優先的に起用して夢をみさせて欲しいと考えています。

若手で開幕スタメンを勝ち取った2人(+1人)には理想的な成績を収めて欲しいと思っています。

ただその反面現実は難しいとも思うのです・・・

 

 

 

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど