巨人中継ぎ2019|崩壊寸前のリリーフ投手をどう補うか考えてみた!

東京ドーム 
スポンサーリンク




Pocket

2019年4月29日現在、読売巨人軍は16勝9敗と貯金を7つつくり首位に立っています。

 

百戦錬磨の原監督は、采配にも柔軟性があり、選手運用も流石のひとこと。

宮本、元木、両コーチの明るい人柄も、チームに好循環をもたらしているように映ります。

 

先発陣もエース菅野は昨年と比較すればやや低調ではあるものの、全体としてはまずまずの出来。

野手陣も破壊力抜群とまではいきませんが、安定して得点できる能力を有しているように思います。

 

スワローズがまずまずのスタートを切り、今後順位を上げてくることが予想される広島カープ。

巨人が今後安定して勝ちを拾っていくには、中継ぎ投手陣の整備が最重要課題といえるでしょう。

スポンサーリンク

素晴らしい投球をみせてくれている  #41 中川 皓太

 

開幕から1人素晴らしい投球をみせてくれているのが#41 中川 皓太 投手です。

コントロール、球威共に素晴らしく、崩壊気味の巨人中継ぎ陣において唯一無二の存在感を放ってくれています。

 

昨年までは、球速はあるもののコントロールがアバウトな印象だった中川投手。

試合を壊してしまうことも多く、いい球投げれるのにもったいない投手だなという印象しかありませんでした。

 

しかし今年は、コントロールが改善し、投球リズムも抜群に良くなりました。

 

守護神(開幕時)クックの離脱で、彼にかかる負担が増えることは確実でしょうが、是非ともこのまま好投を続けてもらいたいところです。

 

守護神不在のため最後を任される可能性もあるとは思いますが、個人的には山口鉄也のように7回、8回の相手の上位打線がまわるタイミングで火消しを任せるのがベストだと思います。

 

力投が目立つ #50 戸根 千明

 

ここ数シーズン2軍でくすぶっていたことを考えれば、今シーズンの戸根投手は上々のスタートだと思います。

現状中継ぎ陣の貴重な戦力として開幕からその存在が目立っています。

今のところ勝ちパターンもしくは接戦で投入したい投手の1人といえるでしょう。

 

いぶし銀の経験値に期待したい #37 田原 誠次

 

投球回数が少ないのでまだ何とも言えませんが・・・

短い回、特にワンポイントの火消し役ならその力をいかんなく発揮してくれることと思います。

「困ったときの田原」といった運用が適切な、貴重な1軍の戦力だと思います。

 

 

・・・

 

現状積極的に1軍の戦力として名前があげられるのは以上3名くらい。

悲しいかな勝ちパターンなどというものがいかに贅沢なものかと思わせてくれるような陣容と言わざるおえません。

 

数はいるけど力不足感(特に球威)が否めない中継ぎ投手陣

 

全体として言えることはスピード不足!

他チームの中継ぎと比べても、圧倒的に右のパワーピッチャーが不足しています。

 

開幕前期待された鍬原は制球に難があり、現状その力を発揮できていません。

必死に頑張ってはいるのでしょうけで、宮國桜井は普通に力不足だと思います。

一軍の中継ぎとしてやっていくには全体的に厳しい印象しかありません。

 

大江高田はもう少し時間が必要でしょうし、谷岡池田はまずコンディションを戻すことが先決でしょう。

 

先発候補の田口野上は、球威があるわけでもウイニングショットがあるわけでもないのでリリーフは厳しいと思います。

 

高木京介森福は投げてみないとわからないですし、光夫はみつをですし、上原岩隈は現状名前を出せる状態まであがってきていません。

 

吉川光夫について少し触れると、巨人は彼に期待し過ぎだったように思います。

負けている場面なら好投してくれるとは思いますが、日ハム時代の彼をちゃんと把握しているならセットアッパーとか最初から無理がありすぎでした。

 

こう考えると、なぜ昨年のドラフトで即戦力の中継ぎを獲得しなかったのかが疑問に思えてなりません。

ドラ1の高橋以外は高卒というのは明らかにミスだったように思います。

 

いかに原監督が名将であろうとない袖は振れないのです。

 

可能なら #49 ヤングマン は中継ぎにしたい

 

本人が先発希望との噂も聞こえてきますが、それ以外にも連投に不安があるなど、おそらくですが後ろにまわれない理由があるのかもしれません。(これからまわる可能性も0ではないですが・・・)

 

仮にヤングマンに7回を任せられれば、中継ぎはいくぶん安定するのではないでしょうか。

 

結局、鍵を握るのは #15 澤村 拓一 と #31  畠 世周

 

トレードで誰かを獲得でもしてこない限り、ありきたりですが、澤村がキーマンなんじゃないかなと思います。

先発で使われるにしろ中継ぎにしろ、巨人では数少ない球威のある右腕の2人。

1軍でも実績のある2人が戦力になってくれないようでは厳しいように思います。

 

うーん どう考えても厳しいな(+_+)

 

#20 マシソンが戻ってくるまで #92 アダメス を起用してみてはどうか?

 

右のパワー投手といえばもう1人。

昨年カミネロが不在の間、一軍でも投げていたアダメス投手がそういえばいました(^^;

 

当たりの出なくなったゲレーロの代わりは重信で十分補えると思います。(打線に迫力は無くなりますが・・・)

ならば思い切ってゲレーロを落としてアダメスを使ってみては?

 

彼も投げてみなければわからないところはありますが、球威に欠ける宮國や桜井よりはいくぶん抑える確率が高いと思います。

 

短い回なら #17 大竹 寛  を頼れないものか

 

野上クラスの投手と同等と思われている節があり何かと不遇な大竹投手。

 

通算97勝をあげている彼なら、その経験を活かし短い回をなんとか抑えてくれるのではないでしょうか。

現役生活もそれほど長くないでしょうし、少しでも1軍の戦力になるなら大竹投手にとっても中継ぎはwin-winでしょう。

「大竹投手の中継ぎ」

割と本気で検討してみてもいいのではないかと思います。

 

巨時人中継ぎ2019|崩壊寸前のリリーフ投手をどう補うか考えてみた! おわりに

 

結論。

接戦は毎回胃が痛くなりそうです(+_+)

マシソンが元気に戻ってきてくれることを祈りながら、先発に出来るだけ頑張ってもらうしかなさそう(T_T)

救世主が現れることを祈りましょう(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど