野球観戦におすすめのおつまみ!どんなお菓子を持っていくといい?

東京ドーム
スポンサーリンク




Pocket

東京ドームでは球場名物を食べるのもいいのですが、観戦のコストを抑えるためには事前に用意し持ち込みたいところ。

現地観戦歴が長い筆者は、そのほとんどを持ち込むようになりました。

 

この記事では筆者が野球観戦に行く際、おつまみやお菓子を選ぶときのポイントをお伝えしたいと思います。

 

どんなおつまみやお菓子を持っていこうか悩まれている方の参考になれば幸いです(._.)

 

スポンサーリンク

1口サイズでコンパクト!

 

筆者が自信を持っておすすめしたいのは、1口サイズでコンパクトなものです。

これに加えて開閉できるタイプであれば100点です。

 

長年現地観戦してきて、辿りついた答えはコレです!

現地観戦に行く際に筆者がおすすめするのは、ズバリ1口サイズで食べられるおつまみやお菓子です。

 

具体的には、チップスター、ダーツやアーモンドチョコ、柿ピーナッツなどです。

 

これらに共通するのは、手軽に取り出して食べることができ、食べきらなくても持ち帰りに苦労しないところです。

かさばりにくいですし、1口で食べられるので、野球観戦に集中することができます。

カバンの中で綺麗にポジションを決めてしまえば、複数開封して食べるのにも便利です。

 

食べづらいお菓子だったりおつまみを選んでしまうと、試合が急に盛り上がったときにこぼしたり落とす原因にもなります。

1口サイズでコンパクトなものを選んでおけば、タオルを回そうとしてお菓子をぶちまけてしまうなどの心配もしなくて済みます。

 

ビールを飲むのであれば欠かせない冷凍枝豆

 

常温で自然解凍するタイプのものが特におすすめです。

お弁当と一緒にしておけば、保冷剤としての効果も発揮してくれる優れものです。

そして何よりビールとの相性も抜群(^^♪

 

ただ、季節によってはあまりカチコチに凍らせすぎて持ち込むと、溶けるのに時間がかかりなかなか食べられないなんてことも(笑)

予めもみほぐすなどして、冷凍加減を調節しておくといいと思います。

東京ドームですと空調も効いていますので少し注意が必要です。

 

ペットボトルを持ち込むなら容量500ml以下!

 

筆者は毎回、500mlのペットボトルを2本持ち込んでいます。

あまり知られていませんが、東京ドームでは、500ml以上の容量のペットボトルは持ち込めせん。

かさばるしいないとは思いますが、2Lボトルとかだと止められてしまいます!

 

筆者の場合飲み物は、500mlのお茶を持っていくのは絶対で、加えてもう1本炭酸飲料などを用意しています。

あまり持っていき過ぎても荷物になるし、トイレばかり行きたくなるので、これがベストということに落ち着きました(^^;

 

お茶は純粋な水分補給用で、炭酸飲料が娯楽用です(笑)

 

それから、紙パックの飲料ももちろん持ち込み可能です。

ただ500mlサイズの紙パックだと、座席についているドリンクホルダーに入らないという問題があります。

飲んだしまった後の処分は楽ですが、飲み途中のことを考えるとペットボトルの方が無難かもしれません。

 

缶ビールの持ち込み量は少なめがベター

 

筆者としては、350ml缶×2くらいまでがおすすめです。

 

なぜかというと、紙コップに移す必要があるからです。

東京ドームだと入り口を入ってすぐのところで、缶に入った飲み物は全て紙コップに移し替えなければならないのです。

 

缶ビールを沢山持ち込みすぎると、それだけでひと作業になってしまいます。

長時間紙コップに入ったビールは美味しくないですし、かざばって身動きもとりづらくなります。

飲みすぎは体にも悪いですし、缶ビールを持ち込むなら2本くらいまでがいいのではないかと思います。

 

注意が必要なお菓子は?

 

筆者は好きで買いたくなってしまうのですが、セブンスイーツなどの生ものは注意が必要です。

これら要冷蔵10℃以下のような商品は、現地観戦に持ち込むには相性が悪いです。

もし持ち込むにしても、観戦直前に買うようにし、出来るだけ早めに食べてしまいましょう。

楽しいはずの野球観戦でお腹を壊してしまったら、悲しい思い出になってしまうのでご注意ください。

 

アメリカンドッグなどのホットスナックにも同じことが言えると思います

 

美味しいので持ち込みたくはなると思いますが、これらは持ち込むという意味ではあまりおすすめはしません。

ホットスナックやクレープなどは、あえて現地でおすすめのメニューを食べてみるのも良いかと思います。

 

おしぼり用のウエットティッシュがあると便利!

 

おつまみやお菓子ではありませんが、おしぼり用のウエットティッシュがあると本当に重宝します。

筆者が好んで使っているのは除菌タイプのものです。

 

ポテトなどで手がベトベトになっても、席を立たずに手を綺麗にすることができます。

万が一何かこぼしてしまっても拭けますので、必ず持っていくことをおすすめします。

 

東京ドームでの野球観戦の楽しみ方まとめ!【おすすめ記事を紹介】

野球観戦におすすめのおつまみ!どんなお菓子を持っていくといい?おわりに

 

初めて東京ドームに来られる方は、隣の席との間隔の狭さに驚くことと思います。

快適に過ごすには、持ち物をコンパクトにすることは欠かせません。

 

最後に、時間に余裕があれば、来場直前に氷と紙コップを買うのもおすすめです。

これらがあれば、ペットボトル飲料を試合終了まで冷えたまま楽しめるからです。

 

持っていくおつまみやお菓子を買う際には、以上の点に注意して選んでいただけたらいいかなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、スニーカー集めなど