巨人坂本勇人はセカンドへコンバートすればいいと思う!

東京ドーム
スポンサーリンク




Pocket

球界最高の遊撃手として名高い坂本勇人ですが、早いもので来シーズンには30歳になります。

腰に爆弾を抱えていることもあり、度々コンバート論は出るのですが、コンバート先としたあがるのは何故かいつもサードばかり・・・

 

私が坂本選手のコンバート先として最適だと考えるのはセカンドです。

この記事では私が坂本勇人のコンバート先にセカンドを推す理由を述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

チーム編成を考えるとセカンドがベスト!

 

サードーと言うのは強打の選手が守るポジションです。

坂本選手も強打だから問題ないって?

 

アホですか(笑)

二遊間のそれもショートを守れるからスペシャルワンな坂本選手からその優位性を奪ってどうするんですか(^^;

 

仮に坂本をサードにコンバートしたとすると、二遊間の2人にどちらかというと打撃が期待できない選手を起用せざるを得なくなってしまいます。

 

現状ただでさえ弱いのに、それではさらに貧打が深刻化してしまいます。

 

今年のメンバーで考えてみても一目瞭然。

坂本がサードに移ることによって、レギュラー落ちするのはマギーということになります。

そうすると二遊間は吉川尚輝、田中俊太、マルチネス、山本泰寛あたりでまわすことになるでしょう。

4人とも成長中なので決めつけてはいけませんが、これらのうち2人が2割7分10本以上打てると考えるのはかなり楽観的すぎるでしょう。

 

あ、坂本をサードにしてマギーにセカンドを守らせるというのは想定してません。

それこそ本末転倒なので(^^;

 

ハッキリ言って坂本勇人をサードにコンバートするのではチーム力は落ちる一方です。

 

サードないしファーストは補強で補いやすいポジション

 

強打の外国人を補強する場合に、彼らが守ることが多いのはサード、ファースト、レフトになります。

これは日本に流れてくる外国人は、打撃は良くても守備に難があることが多いからです。

 

メジャーリーガーは正に怪物!

極端に言えばみんな守備まで上手いバレンティンだと思ってもらえればいいと思います。

つまり打撃の水準はメジャーに達していても、守備でNGという選手が結構多いのです。

 

坂本がセカンドで落ち着けば、サードを強打の外国人枠として使うことができます。

というか、内野が坂本、岡本+1人の3人強打なくらいじゃないとカープには勝てないでしょう。

 

外国人の補強という観点からみても、サードを坂本勇人で埋めてしまうのは愚策と言わざるおえないのです。

 

吉川尚輝という存在

 

坂本勇人のセカンドコンバートを推すには吉川尚輝の存在も大きいです。

今シーズン坂本が離脱した際にショートを守った吉川尚輝が本当に素晴らしい働きだったのです。

 

坂本がいるため巨人では主にセカンドを守ってきましたが、プロ入り前の彼の本来のポジションはショートです。

 

坂本離脱中の吉川は、慣れ親しんだポジションに入った影響もあってか絶好調!

打撃の面でもチームを牽引し、短い期間でしたが完全に中心選手でした。

 

私の仮説では、吉川尚輝はショートを守った方がより輝けるのではないかと思っています。

 

そこで思い浮かんだのが坂本勇人とのポジションの入れ替えです。

 

昔中日で荒木と井端が二遊間同士でポジションチェンジしていましたがあのイメージです。

荒木と井端の場合は緊張感を出すためという意味合いが強かったようですが、今の巨人の場合は選手の適材適所とコンディション維持を考えての配置転換になるのかな(^^;

 

セカンドでしたらショートに比べて負担軽減にもなりますし、ポジションの優位性という意味で考えても落としどころとして最適なように思うのです。

 

坂本選手も元々二岡のアレが無ければセカンドで起用されていた可能性がある選手。

セカンドを守ることに抵抗はないように思います。

 

代表からの撤退

 

侍ジャパンで活躍する坂本勇人をずっと観ていたい思いはありますが、先のことを考えると代表はそろそろ潮時のように思います。

 

ドームで観ているとわかりますが、現状坂本勇人は人気実力共に巨人の野手唯一のスーパースターです。

そんな彼をシーズンオフまで野球でフル回転させるのでは選手寿命を縮めてしまいます。

 

その点セカンドにコンバートすれば、代表には山田哲人がいます。

図らずしも代表から撤退できるのではないでしょうか。

 

坂本と山田ないし菊池との二遊間は華があって大好きでしたが、巨人の宝坂本勇人のことを考えるとそろそろ真剣に考えなければいけない時期かと思います。

 

最もショートのポジションでも、西武ライオンズの源田選手をはじめ若手が育ってきていますので、これは理由にはならないのかもしれません(^^;

 

巨人の坂本勇人はセカンドへコンバートすればいいと思う! おわりに

 

好き勝手書いてきましたがお許しください(^^;

 

ただ、それくらい坂本勇人のポジション問題は今後の巨人に大きな影響を与える大きな問題なのです。

このままショートを守り続けれれれば一番なのでしょうが、阪神の鳥谷選手などをみていると早めに動いた方がいいとどうしても思ってしまいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(._.)

Pocket


スポンサーリンク





スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員をしている30代男性です。 ブログでは主に、プロ野球(巨人)のことや、スタバ・映画のレビューを中心に書いています。 レビューは実際に食べたものや経験したことのみを記事にしています。 趣味は野球観戦、甘いものを食べること、映画鑑賞、筋トレなど